現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > BMWの3列シーター『2シリーズ・グランツアラー』に限定車“プレジャー・スリー・エディション“登場

ここから本文です

BMWの3列シーター『2シリーズ・グランツアラー』に限定車“プレジャー・スリー・エディション“登場

掲載 更新 4
BMWの3列シーター『2シリーズ・グランツアラー』に限定車“プレジャー・スリー・エディション“登場

 BMWのFF系プラットフォームを活用し、余裕ある室内空間と快適な3列シートを備え、高い利便性と快適性を実現した『BMW2シリーズ・グランツアラー』に、Mスポーツ・パッケージや、高級感を演出する内装を採用した限定車『BMW 218i Gran Tourer PLEASURE³ EDITION(ニー・イチ・ハチ・アイ・グラン・ツアラー・プレジャー・スリー・エディション)』が登場。5月20日より発売が開始されてる。

 2014年のデビュー以来、BMW初のコンパクトなマルチ・パーパス・ビークル(MPV)として、スポーティな走行性能と広い室内空間、快適性と安全性を備え、ファミリーユースを想定するユーザーから高い支持を集めてきた。

静粛性に優れる直列6気筒ディーゼル搭載、メルセデス・ベンツ『G 400d』を追加設定

 街中でも取り回しのしやすい全長4590mm、全幅1800mm、全高1640mmというサイズでありながら、必要な際には最大7名乗車可能な3列シートを備えると同時に、ラゲッジ容量は145~1820Lを確保するなど、利便性と快適性を兼ね備えたモデルとなっている。

 その『BMW2シリーズ・グランツアラー』は2018年に初のランニングチェンジを受け、外装デザインを一新してスポーティかつダイナミックなスタイリングを実現。さらに座り心地を向上させた室内空間は、先代モデルに引き続きドライバーの安全走行をサポートするドライビング・アシストを全車標準装備とするなど、商品魅力度の充実が図られた。

 限定車のモデル名であるPLEASURE³ EDITION(プレジャー・スリー・エディション)も、そうしたシート構成から連想する使い勝手の良さと、限定車ならではの特別装備による3つのPLEASURE(歓び)が表現されたもの。

 同モデルでは、最高出力140PS/最大トルク220Nmを発揮する直列3気筒DOHCガソリン直噴ターボと7速ダブル・クラッチ・トランスミッション(DCT)を搭載する“BMW 218i Gran Tourer M Sport”をベースに、通常のラインアップにはない“Mスポーツ・パッケージ”を特別に採用し、よりアグレッシブなフロントデザインや、車両側面にあしらわれたMエンブレム、Mスポーツ・サスペンション等を装備。

 加えて、18インチのMライト・アロイ・ホイール・ダブルスポーク・スタイリング486Mを装備することで、スタイリッシュかつスポーティな外装デザインを実現している。

 一方のインテリアも、上品なホワイトであるオイスター色のダコタ・レザー・シートを特別に装備することで、3列シートと相まって明るく解放感のある室内空間を演出。さらに、ファインライン・ストリーム・ウッド・トリムをアクセントに採用することで、高級感あるゆったりくつろげる雰囲気に仕立てられた。

 この『BMW 218i Gran Tourer PLEASURE³ EDITION』は日本国内120台限定での販売で、価格は541万円(消費税込み)となっている。

BMW カスタマー・インタラクション・センター:フリーダイヤル:0120-269-437
BMW インターネット・ウェブサイト:http://www.bmw.co.jp

こんな記事も読まれています

人はなぜ「◯◯界のロールス・ロイス」を目指すのか? 最高であり文化の香り漂うのは「ベル・エポック」という豊かな時代に誕生したから!?
人はなぜ「◯◯界のロールス・ロイス」を目指すのか? 最高であり文化の香り漂うのは「ベル・エポック」という豊かな時代に誕生したから!?
Auto Messe Web
フォード・マスタング躍進。チャズ・モスタート&キャメロン・ウォーターズが今季初勝利/RSC第4戦
フォード・マスタング躍進。チャズ・モスタート&キャメロン・ウォーターズが今季初勝利/RSC第4戦
AUTOSPORT web
2024スーパーGT第3戦鈴鹿のGT300クラス公式予選Q1組分けが発表
2024スーパーGT第3戦鈴鹿のGT300クラス公式予選Q1組分けが発表
AUTOSPORT web
ふたつの心臓を持つ猛牛!ウルスにプラグインHVが登場【ランボルギーニ ウルスSE】
ふたつの心臓を持つ猛牛!ウルスにプラグインHVが登場【ランボルギーニ ウルスSE】
グーネット
5速MTのみ! オープントップの新型「スポーツモデル」発表! レトロデザインに「タテ型マフラー」採用した「小さな高級車」に反響あり
5速MTのみ! オープントップの新型「スポーツモデル」発表! レトロデザインに「タテ型マフラー」採用した「小さな高級車」に反響あり
くるまのニュース
フォード・マスタング 史上初「4ドア仕様」導入か 派生モデル展開を示唆、しかしEV化は否定
フォード・マスタング 史上初「4ドア仕様」導入か 派生モデル展開を示唆、しかしEV化は否定
AUTOCAR JAPAN
アンドレッティ、元FIAチーフテクニカルオフィサーのパット・シモンズを獲得。2026年に向け技術規則の知識が活きるか
アンドレッティ、元FIAチーフテクニカルオフィサーのパット・シモンズを獲得。2026年に向け技術規則の知識が活きるか
AUTOSPORT web
ブガッティの正規アイテムがネットで購入できる! アパレルからビリヤード台まで…実車は果たして購入可能!?
ブガッティの正規アイテムがネットで購入できる! アパレルからビリヤード台まで…実車は果たして購入可能!?
Auto Messe Web
ホンダ新世代燃料電池車「CR-V e:FCEV」間もなくデビュー!
ホンダ新世代燃料電池車「CR-V e:FCEV」間もなくデビュー!
グーネット
【検証】練馬区2歳女児死亡事故はなぜ起きた? ミニバンの窓スイッチ誤操作から子どもの命を守る、チャイルドシートの使用法
【検証】練馬区2歳女児死亡事故はなぜ起きた? ミニバンの窓スイッチ誤操作から子どもの命を守る、チャイルドシートの使用法
AUTOCAR JAPAN
新生『ディスカバリー』にも2025年モデル導入。装備見直しと350PSに向上のディーゼルMHEVへ統一
新生『ディスカバリー』にも2025年モデル導入。装備見直しと350PSに向上のディーゼルMHEVへ統一
AUTOSPORT web
スバル、“集大成”のBRZ CNF Conceptで富士24時間に参戦。各種最適化や新アイテム投入
スバル、“集大成”のBRZ CNF Conceptで富士24時間に参戦。各種最適化や新アイテム投入
AUTOSPORT web
ポルシェ911のレストアで“レストモッド” ブームを牽引する「シンガー」がコーンズと提携|Singer
ポルシェ911のレストアで“レストモッド” ブームを牽引する「シンガー」がコーンズと提携|Singer
OPENERS
新型「“R36”GT-R」まもなく登場か!?  4.1リッターV6搭載で1000馬力発揮!? 旧型デザイン採用の「和製スーパーカー」生産状況を公開
新型「“R36”GT-R」まもなく登場か!? 4.1リッターV6搭載で1000馬力発揮!? 旧型デザイン採用の「和製スーパーカー」生産状況を公開
くるまのニュース
TANABEのカスタムスプリング2製品にレクサス『IS500』用など3車種のラインナップが追加
TANABEのカスタムスプリング2製品にレクサス『IS500』用など3車種のラインナップが追加
レスポンス
新しいジープ アベンジャー4xeが出た!──GQ新着カー
新しいジープ アベンジャー4xeが出た!──GQ新着カー
GQ JAPAN
新型メルセデスAMGピュアスピードが鮮烈デビュー!──GQ新着カー
新型メルセデスAMGピュアスピードが鮮烈デビュー!──GQ新着カー
GQ JAPAN
JMIAが2025年を目指し『NEXT-FORMULA-PROJECT』をスタート。コンセプトカー開発に着手
JMIAが2025年を目指し『NEXT-FORMULA-PROJECT』をスタート。コンセプトカー開発に着手
AUTOSPORT web

みんなのコメント

4件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

429.0541.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

62.0348.0万円

中古車を検索
2シリーズ グランツアラーの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

429.0541.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

62.0348.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村