サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 山田宏の[タイヤで語るバイクとレース]Vol.46「ロッシとシューマッハには共通点があった」

ここから本文です
4戦目でロッシ+BSの初優勝を達成

ブリヂストンがMotoGP(ロードレース世界選手権)でタイヤサプライヤーだった時代に総責任者を務め、2019年7月にブリヂストンを定年退職された山田宏さんが、そのタイヤ開発やレースの舞台裏を振り返ります。2008年序盤戦、初めてブリヂストンタイヤを履いてレースに臨んだバレンティーノ・ロッシ選手は、冷静に状況を見極めながらマシンづくりを進めていました。

おすすめのニュース

サイトトップへ