現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 野尻智紀が明かす、海外進出に対する複雑で“アンバランス”な感情。現状関心あるカテゴリーはない一方「挑戦したいという気持ちはあります」

ここから本文です
野尻智紀が明かす、海外進出に対する複雑で“アンバランス”な感情。現状関心あるカテゴリーはない一方「挑戦したいという気持ちはあります」
写真を全て見る(1枚)

 2023年シーズンのスーパーフォーミュラで宮田莉朋、リアム・ローソンと激闘を繰り広げた末、シリーズ3連覇を逃した野尻智紀。そんな彼が最終戦を終えた後に語った来季以降への展望は非常に興味深いものだった。

「色々なチャレンジをしてみたいです。日本じゃないところでのチャンスもあればいいなと思っています」

■TEAM MUGENとの複数年契約を異例の公表。ドライバー評価の“見える化”に野尻智紀が寄せる期待「トップ選手の姿を知らないと、これからの選手が強い意志を持てないのでは」

 国内トップフォーミュラで2度のチャンピオンという実績を残した野尻が、将来的な海外レースカテゴリーへの挑戦に意欲的なコメントを残したのだ。

記事全文を読む

こんな記事も読まれています

名車リバイバル 成功と失敗 ハマー、ブロンコ、Tバード… 新型の評価は?
名車リバイバル 成功と失敗 ハマー、ブロンコ、Tバード… 新型の評価は?
AUTOCAR JAPAN
テスト最終日は5番手。前年の同時期と比べると「マシンはとてもコンペティティブ」と角田裕毅/F1インタビュー
テスト最終日は5番手。前年の同時期と比べると「マシンはとてもコンペティティブ」と角田裕毅/F1インタビュー
AUTOSPORT web
サーキット派必見! 性能だけじゃないグラムライツ「57FXZリミテッドエディション」は美しくもありました
サーキット派必見! 性能だけじゃないグラムライツ「57FXZリミテッドエディション」は美しくもありました
Auto Messe Web
フェラーリF1、タイムシートでトップ2独占&欠点改善の手応えも、ライバルたちを警戒
フェラーリF1、タイムシートでトップ2独占&欠点改善の手応えも、ライバルたちを警戒
AUTOSPORT web
ベントレーMkV コーニッシュ(2) 設立100周年へ向けた再現 残されていたオリジナル図面
ベントレーMkV コーニッシュ(2) 設立100周年へ向けた再現 残されていたオリジナル図面
AUTOCAR JAPAN
破壊されたプロトタイプ ベントレーMkV コーニッシュ(1) 神秘性を醸し出す曲線美
破壊されたプロトタイプ ベントレーMkV コーニッシュ(1) 神秘性を醸し出す曲線美
AUTOCAR JAPAN
中日本ハイウェイ・エンジニアリング東京のクルマたち その1
中日本ハイウェイ・エンジニアリング東京のクルマたち その1
グーネット
まだまだ「車のお手本」か? VWゴルフ50年目の改良新型 苦境を打破する初モノづくし!
まだまだ「車のお手本」か? VWゴルフ50年目の改良新型 苦境を打破する初モノづくし!
乗りものニュース
アネスト岩田が感じる、”モータースポーツ参戦”の確かなメリット「レースに参戦したからこそできた繋がりがあった」
アネスト岩田が感じる、”モータースポーツ参戦”の確かなメリット「レースに参戦したからこそできた繋がりがあった」
motorsport.com 日本版
2025年にフェラーリへ移籍するハミルトン。その理由にフレデリック・バスール代表の存在を認める
2025年にフェラーリへ移籍するハミルトン。その理由にフレデリック・バスール代表の存在を認める
AUTOSPORT web
シボレー「コルベット Z06」は普通の人でも操ることできるセミレーシングスーパースポーツだ!
シボレー「コルベット Z06」は普通の人でも操ることできるセミレーシングスーパースポーツだ!
@DIME
【2024年F1新車情報:アストンマーティン】“ウォータースライダー”型をやめたAMR24はレッドブル寄りのデザインに
【2024年F1新車情報:アストンマーティン】“ウォータースライダー”型をやめたAMR24はレッドブル寄りのデザインに
AUTOSPORT web
飛行機のコックピットで操縦しているような気分になるテスラ「Model S」の先進性
飛行機のコックピットで操縦しているような気分になるテスラ「Model S」の先進性
@DIME
「甲州街道って…どこ?」 意外と知らないけど「覚えておくと役立つ」東京近郊の「“通称”道路名」とは
「甲州街道って…どこ?」 意外と知らないけど「覚えておくと役立つ」東京近郊の「“通称”道路名」とは
くるまのニュース
怒涛の加速力はスーパーカー超え!? マシンガンで打たれても安心!? ハイパー爆速トラック テスラ新型「サイバートラック」ついに日本初公開!
怒涛の加速力はスーパーカー超え!? マシンガンで打たれても安心!? ハイパー爆速トラック テスラ新型「サイバートラック」ついに日本初公開!
VAGUE
ロングランに自信を深めるメルセデス。しかし、アタックラップは弱点?「まだまだやることがたくさんあるね」とショブリン明かす
ロングランに自信を深めるメルセデス。しかし、アタックラップは弱点?「まだまだやることがたくさんあるね」とショブリン明かす
motorsport.com 日本版
SUVらしいタフネスを強化! 日産『エクストレイル・クローラー』…東京オートサロン2024
SUVらしいタフネスを強化! 日産『エクストレイル・クローラー』…東京オートサロン2024
レスポンス
モーターマガジンMovie 週間視聴回数BEST5 プラス1(2024年2月18日~2月24日)
モーターマガジンMovie 週間視聴回数BEST5 プラス1(2024年2月18日~2月24日)
Webモーターマガジン

みんなのコメント

7件
  • bab********
    速さではあまり変わらないと言えるのはF1にいってそれなりの結果を残した者だけ。昔は同じでも相手は成長している。
  • ven********
    記事を読むだけだと結局はホンダからサラリーを貰ってドライブしているだけの選手にしか見えないけどね。
    F1でやれるかどうかは、チームメイトだったローソンと、そのチームメイトの角田選手との力関係で理解出来そうだけどね。
    FIA-F2からSFに参戦して初コースでいきなり勝つローソン。そのローソンに予選でも決勝でもほぼ勝っていた角田選手。その角田選手もマシンやチームの能力差があるとは言え、まだまだトップでは争えない。

    年齢とか言い訳にせずに、F2でも良いから挑戦させてくれ!と言えない?言わない。ホンダから飛び出なくても良いとは思うけど、松下選手のように、自分でスポンサー見つけて挑戦する気構えがなければ通用しないでしょう。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村