サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ホンダ「CBR1000RR-R FIREBLADE SP」を伊藤真一さんがツーリングで検証!〈ロングラン研究所 2020 BESTセレクション〉

ここから本文です

ホンダ「CBR1000RR-R FIREBLADE SP」を伊藤真一さんがツーリングで検証!〈ロングラン研究所 2020 BESTセレクション〉

伊藤真一さんにホンダのバイクを思う存分乗り尽くしてもらい、新たな魅力を発見するロングラン研究所。2020年に印象に残ったというバイクを一台ずつ紹介していきます!
語り:伊藤真一/まとめ:宮﨑健太郎/写真:松川忍

CBR1000RR-R FIREBLADE SP
誰が乗っても、走りには絶対の満足が得られるはずだ。

ワインディングでは「曲がるマシン」の本領を解き放つ!

「Ninja ZX-25R」と「CBR250RR」速いのはどっち?最高速を比較検証!

ファイアブレードが一番不向きに思える街中でもストレスはなく、クラッチがアシスト付きの割りには非常にコントロールしやすく、操作感も軽いので半クラ操作を多用しても苦にならない。高速域に入ってマフラーのバルブが切り替わって全開になると、スロットルの全開を躊躇するくらいの速さを示す。マフラーからの勇ましい音とともに、ファイアブレードはこれまでのスーパースポーツでは感じることのなかった加速を見せる。旧型との最高出力の差は20数馬力だが、パワー感や加速感は全く異なり、よりシャープになったことは11000回転あたりから強く感じる。

峠道に到着してすぐに、最初の左の高速コーナーを走ったとき、サーキットでの開発で感じたフロントの接地感の凄さが瞬時に伝わって来た。この接地感の高さは、車体とウイングの設計によるもので、ウイングの効果は高速域だけではなく、低速域でも効いていることが誰にでもわかるはずだ。テスト前は、予想と違って公道では楽しめなかったらどうしよう…と心配したが、市街地から高速、峠道でも楽しめることが確認できた。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します