サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 電動化加速でもなぜ人気急拡大? アルファードがそれでも売れる訳

ここから本文です

 トヨタ アルファードが売れに売れている。2020年の年間販売台数は9万748台。

 登録車の販売ランキングではトヨタ ヤリス、トヨタ ライズ、トヨタ カローラ、そしてホンダ フィットに次ぐ5位となり、堂々のミニバントップに輝いた(余談だがフィット以外の4台がトヨタ車というのも凄いことだ)。

「シエンタ クロスオーバー」が登場!空前のSUV人気ながら、なんでもクロスオーバー化することは正解か?

 前年(2019年)のアルファードの販売台数は6万8705台で、2020年の対前年比は132.1%と驚くべき伸びなのだが、そこには理由もある。

 兄弟車のヴェルファイアの販売状況だ。

おすすめのニュース

サイトトップへ