サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ツリ目が主流のなかで斬新! おもしろ顔の最新車5選

ここから本文です

ツリ目が主流のなかで斬新! おもしろ顔の最新車5選

■ファニーな顔の最新モデルを振り返る

 クルマのヒットに欠かせない要素のひとつにデザインがあります。デザインには正解が無いといわれますが、多くのユーザーに好まれるデザインが正しいデザインといえそうです。

トヨタ「スターレット」復活! 21年ぶり新型モデル発売へ

 そうしたデザインは時代によって流行があり、とくにフロントフェイスは数年おきに移り変わっていて、近年は吊り上がったヘッドライトで大きめのフロントグリルを組み合わせた、怒ったような顔がトレンドになっています。

 しかし、そうした流行を追わずに、ファニーフェイスのクルマも存在。そこで、おもしろ顔の最新モデルを5車種ピックアップして紹介します。

●フォード「ブロンコ」

 現在、世界的に人気となっているSUVはアメリカで誕生し、4WDのピックアップトラックの荷台にキャノピーを置いて、ワゴンのような使い方をしたのがSUVの原型といわれています。

 そんなSUVの代表的な1台が、1966年に誕生したフォード「ブロンコ」で、コンパクトサイズのクロスカントリー4WD車として開発。

 1996年に5代目をもって一旦ブロンコは消滅してしまいましたが、とくに初代はクラシックSUVとして根強い人気がありました。

 そして、2020年7月にフォードはブロンコの復活を発表し、2021年の春からアメリカで販売を開始しています。

 最大のライバルがジープ「ラングラー」ということから、ボディは伝統的な2ドアモデルを継承したほか、シリーズ初の4ドアモデルも設定。

 そして、新型ブロンコのデザインは初代に原点回帰し、丸いLEDヘッドライトを採用してボディも初代をオマージュしたスクエアなフォルムです。

 インチからミリに換算したボディサイズは2ドアが全長4412mm×全幅1928mm×全高1826mm、4ドアが全長4810mm×全幅1928mm×全高1854mmと、アメリカではミドルクラスSUVにカテゴライズされます。

 また、取外し可能なルーフシステムを備えており、4ドアモデルには標準でソフトトップかハードトップが選択でき、独自のフレームレスドアも簡単に取り外し可能。ルーフとドアを外せばかなりの開放感が得られるという仕組みです。

 駆動方式は全車4WD。搭載されるエンジンは最高出力310馬力を誇る2.7リッターV型6気筒ターボと、270馬力を発揮する2.3リッター直列4気筒ターボの2種類を設定し、トランスミッションは10速ATと2ドアモデルには7速MTも用意されています。

 2016年にフォードが日本市場から撤退しているため、新型ブロンコは残念ながら正規輸入モデルが販売されることはありませんが、すでに並行輸入で日本に上陸しており入手可能です。

●シトロエン「C3 エアクロスSUV」

 かつてシトロエンのつくるクルマといえば奇抜で個性的なデザインのモデルが多く、その乗り味も含め熱狂的なファンが存在します。

 近年では2005年発売のプレステージセダン「C6」が、往年のシトロエンを彷彿とさるデザインで話題となりましたが、その後はちょっとおとなしくなった印象でした。

 しかし、2019年の夏に日本で発売された1.2リッターターボエンジンの「C3 エアクロスSUV」は、久しぶりにシトロエンらしい個性派SUVであり人気となっています。

 ボディは全長4160mm×全幅1765mm×全高1630mmとコンパクトで、日本の道路事情にもマッチしたサイズです。

 スタイリングは全体にコロっとした丸みをおびた造形で、2色のルーフカラーや3色のカラーパック(ヘッドライトユニットベゼルやドアミラーなど)が用意されていることで、自分好みの組み合わせが可能です。

 そして、もっとも特徴的なフロントフェイスは、細長い目のようなデイタイムライトに、ヘッドライトがほっぺたでグリルが口に見え、まるでムスッとしたようなブサカワイイ顔となっています。

 ラインナップはベーシックな「フィール」と、装備が充実した「シャイン」の2グレードを基本に展開し、先進安全技術も充実。価格(消費税込、以下同様)はフィールが267万円、シャインが282万円と、輸入車のなかでもかなり戦略的な設定となっています。

●ホンダ「ホンダe」

 2020年8月に、ホンダは都市型EVコミューターの「ホンダe」を発表。東京モーターショーに出展されたコンセプトカーそのものといったデザインが話題となりました。

 ボディサイズは全長3895mm×全幅1750mm×全高1510mmと、全長は「フィット」よりも100mmほど短く、全幅は50mmほどワイドで、パッと見にはかなりコンパクトな印象です。

 外観は全体的にやわらかな曲面で構成され、カタマリ感と安定性が感じられる台形をモチーフにデザインされています。

 なかでも丸形LEDヘッドライトを採用したフロントフェイスがユニークで、全体のシルエットとあわせて初代「シビック」をオマージュしたかのようのです。

 一方、内装ではデジタルアウターミラー用も含め5つの液晶モニターを水平に配置したハイテクなインパネを採用しながらも、トレー形状や木目調パネルは同じく初代シビックをイメージさせます。

 搭載されるパワーユニットは153馬力のモーターに35.5kWhのリチウムイオン電池を採用し、後続可能距離はWLTCモードで283kmを実現。

 また、駆動方式はリアにモーターを搭載してリアタイヤを駆動するRRとなっており、前輪の切れ角を大きくすることで最小回転半径は4.3mと、都市型EVコミューターとしての使い勝手を向上させています。

 グレードはスタンダードモデルと「アドバンス」の2タイプで、価格は451万円から。なお、ホンダeは生産台数が限られているため、複数期間にわたって注文を受付けする方式を採用しています。

■おもしろフェイスの2台の軽自動車とは?

●スズキ「ラパン」

 日本独自の規格である軽自動車は誕生以来、庶民の足として活躍してきましたが、なかでも1980年代に普及が加速しました。その要因のひとつとしてスズキ初代「アルト」から始まった商用車登録の「軽ボンネットバン」の台頭で、販売価格や維持費が安いとしてスクーターのような使われ方が主流となります。

 そんな軽自動車のユーザーは女性が多く、女性ユーザーをターゲットとしたモデルやグレードを各社とも展開するようになると現在も続いており、そのなかの1台が2002年のデビューから人気車種となっているスズキ「アルト ラパン」です。

 アルト ラパンは、軽セダン「アルト」をベースに内外装のデザインを若い女性向けとした派生車で、現行モデルは2015年に登場した3代目となっています。

 外観は初代からの箱型フォルムを踏襲しつつも角を取って丸みを帯びた「まるしかくい」ボディに一新。フロントフェイスも丸目のコンビネーション・ヘッドライトに、ちょっとクラシカルな印象のフロントグリルを組み合わせ、やはりかわいさを主張しています。

 内装はシンプルなデザインながらダッシュボード上部をテーブル状にして、助手席でメイク時に物を置けるように配慮するなど、部屋感覚で使える設定です。

 また、肌や髪に優しい「ナノイー搭載エアコン」(グレードにより設定)や、紫外線と赤外線をカットする「プレミアムUV&IRカットガラス」、運転席と助手席に「バニティーミラー」を用意するなど、女性ユーザーのリクエストに応えているといえます。

 エンジンは全グレードとも最高出力52馬力の直列3気筒自然吸気を搭載し、アンダーパワーですが車両重量680kg(2WD)と、スズキならではの軽量ボディには十分なパワーを発揮。

 先進安全技術も充実したアルト ラパンの価格は121万円からです。

●ダイハツ「タフト」

 かつて、ダイハツは本格的なクロスカントリー4WD車を販売していました。そのなかの1台が「ロッキー」で、2019年11月にコンパクトSUVとして車名が復活。

 そしてもう1台のクロカン車「タフト」が、2020年6月にクロスオーバーSUVタイプの軽トールワゴンとして復活しました。

 外観は直線基調のボクシーなデザインで、190mmという高めの最低地上高、165/65R15の大径タイヤの採用により、アウトドアギアのような存在感のあるSUVに仕立てられています

 フロントフェイスも力強い印象ですが、角型2灯の異形ヘッドライトとバンパーのスリットから、クラシカルな悪役ロボットのようなファニーフェイスです。

 内装は収納スペースを機能的に配置した直線基調のインパネまわりが特徴で、開放感を生み出すガラスルーフ「スカイフィールトップ」が全車標準装備となったことが大いに話題となりました。

 搭載されるエンジンは660cc直列3気筒自然吸気/ターボの2種類で、組み合わされるトランスミッションはCVTのみ。駆動方式は2WDと4WDを設定しています。

 グレードは装備の違いで「X」と「G」の2タイプにそれぞれに自然吸気とターボエンジンがあり、価格は135万3000円からです。

※ ※ ※

 フロントフェイスの印象を決める重要なパーツというと、ヘッドライトではないでしょうか。

 これまでの変遷をたどると米規格に準じた大小の丸目と角目、その後は異形となり、プロジェクターヘッドライト、自由曲面のリフレクタータイプが登場。そして現在はLEDヘッドライトが主流です。

 とくにLEDヘッドライトは形状の自由度が向上したことで、これまでにないフロントフェイスのデザインが可能となりました。

 しかし、あまりにも奇抜なデザインは賛否が分かれるからか、冒険するメーカーはあまりないというのが現状です。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します