サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【東京オートサロンに登場】ケーニグセグ・ジェスコ 北欧発のスーパーカー、内装/細部を撮影

ここから本文です

【東京オートサロンに登場】ケーニグセグ・ジェスコ 北欧発のスーパーカー、内装/細部を撮影

BHスーパーGTオークションに登場

text&photo:Kazuhide Ueno(上野和秀)

【画像】ケーニグセグ・ジェスコ 東京オートサロン2020【実車】 全25枚

スウェーデンのスーパーカー・メーカーであるケーニグセグの最新モデル「ジェスコ」が、東京オートサロン2020に登場した。

BHスーパーGTオークションに先がけて行われたプレス・カンファレンス時に披露されたもので、本国からセールスディレクターのアンドレアス・ペトレ氏も駆けつけている。

CEOのケーニグセグ氏は都合が付かず参加できなかったが、ビデオレターでメッセージを述べた。

あわせてBHオークションの母体であるビンゴスポーツから、新体制の「ケーニグセグ・ジャパン」の紹介があった。CEOには七五三木敏幸氏が就任している。

なお車名の「ジェスコ」は、ケーニグセグ社の創業者である、クリスチャン・フォン・ケーニグセグCEOの父親の名前に由来しているという。

ケーニグセグ・ジェスコとは

2019年のジュネーブショーで発表したケーニグセグのハイパーカーが「ジェスコ」だ。

アゲーラの後継モデルとして開発されたもので、V型8気筒5.0Lガソリン・ツインターボを再設計したもの。鍛造180°フラットプレーン・タイプの世界最軽量のクランクシャフトは、12.5kgにすぎない。

新開発のエアインジェクション・システム、ターボチャージャーを採用し、最高出力はオクタン価95のガソリン使用時が1280hp、エタノール混合燃料の「E85」使用時には、1600hpを発生する。最高許容回転数は8500rpm。

組み合わせられるトランスミッションは、ケーニグセグが瞬時に変速できると謳う「9速ライトスピード・トランスミッション(LSP)」。クラッチはマルチプレート式が採用され、変速時間は20ミリセカンドと発表されている。

内装も撮影

シャシーはカーボンファイバー製で、65,000Nm/度という高い剛性を誇る。

ボディパネルにはカーボン・ケブラー複合素材を用いることにより軽量化を推し進め、乾燥重量は1320kgと発表されている。

展示車両のインテリアは、メーターやスイッチ類が最小限にされているが、その仕上がりはスーパーカーらしい高級感があるスタイリッシュなもの。

エクステリアでは、空力性能が大幅に高められ、各部は徹底的に磨き上げられている。フロントではリップスポイラーに可動式のアンダー・フラップが組み込まれ、別体式で大型化されたリアウイングは揚力を最小限にとどめ、効果的にダウンフォースを発揮する。

このように空力性能を突き詰めたことにより、ダウンフォースは250km/h時に800kg 、275km/h時に1000kg、最大で1400kgを獲得するに至った。

23秒足らずで400km/h

お披露目の際に発表されたパフォーマンス・データを記すと、
・0-400km/h加速:22.87秒
・400-0km/h減速:8.62秒
というもの。

これだけでもジェスコがとてつもない性能であることが分かる。

また、ジュネーブ・ショーでの発表によると、コーナリングを重視したサーキット仕様とロードラッグの最高速仕様の2車種が用意される模様。

ロードラッグ仕様の最高速度は483km/hと謳われている。

生産台数 125台

ケーニグセグ・ジェスコは、ジュネーブ・モーターショー2019でのワールドプレミアから僅か5日で、生産台数の125台を完売してしまった。

お披露目されたジェスコも日本のカスタマーのオーダー分で、これから購入することはできない。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します