サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ボルボを変えた男 ホーカン・サミュエルソンCEO退任 安全性重視、電動化、イメージ刷新

ここから本文です
ボルボのホーカン・サミュエルソンCEOが、約10年務めたトップの座を退いた。後任として、ダイソンの元社長ジム・ローワンが就任した。

サミュエルソンの指揮の下、ボルボは製品ラインナップの再編成、新プラットフォームの開発、販売記録の更新、電動化を基盤とした将来への取り組みを行う一方、交通事故死をゼロにするために全モデルの最高速度を180km/hに制限するなど、安全を最優先とした活動を続けてきた。ボルボの95年の歴史の中で最も革新的な時代の1つと言っていいだろう。

おすすめのニュース

サイトトップへ