サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 住友ゴム、タイヤに装着するセンサーの電池レス化に成功 路面に接地したタイヤの変形で発電

ここから本文です
 住友ゴム工業は、タイヤに装着するセンサーを、バッテリーレスで機能させる技術の開発に成功したと発表した。同社が関西大学の谷弘嗣教授と共同で開発した技術で、タイヤセンシングでのセンサーデバイスの電池寿命問題の解決につながる可能性がある。

 正極と負極の帯電フィルムを内蔵した発電デバイスをタイヤの内側に取り付けタイヤが路面に接地した際、変形して発電、電源制御回路へ充電して外部センサーに給電・動作させる仕組み。今回、充電機能を追加したことで、バッテリーを使用せずにタイヤ周辺に取り付けるセンサーに電力を供給する。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン