サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > フェルスタッペンに不運なタイヤトラブル「勝利を目前にリタイア…時々このスポーツが嫌いになる」F1第6戦

ここから本文です
 2021年F1アゼルバイジャンGP決勝で、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンはタイヤトラブルでリタイアした。

 3番グリッドからスタートしたフェルスタッペンは18周目にトップに立ち、レースをリードしていたが、タイヤのトラブルでストップ、51周のレースの45周目でリタイアとなった(18位完走扱い)。フェルスタッペンの左リヤタイヤはメインストレートで突然パンク。スピンを喫したものの、フェルスタッペンには幸いけがはなかった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン