サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > アウディジャパン、4年ぶりに大幅改良した「Q2」シリーズを5月発売 1.5リットルガソリンエンジン搭載

ここから本文です

アウディジャパン、4年ぶりに大幅改良した「Q2」シリーズを5月発売 1.5リットルガソリンエンジン搭載

アウディジャパン、4年ぶりに大幅改良した「Q2」シリーズを5月発売 1.5リットルガソリンエンジン搭載

 アウディジャパン(フィリップ・ノアック社長、東京都品川区)は24日、4年ぶりに大幅改良した小型SUV「Q2」シリーズを5月に発売すると発表した。新開発の1.5リットルガソリンエンジンを搭載したほか、内外装はデザインの改良などでスポーティーさを際立たせた。グレード構成は「アドバンス」と「Sライン」の2つとした。

 エンジンは1.5リットルの「TFSIエンジン」を搭載。最高出力は110キロワット、最大トルクは250ニュートンメートルを発揮。7速Sトロニックトランスミッションを組み合わせる。現行モデルの1.0リットル、1.4リットルガソリンエンジンと2.0リットルディーゼルエンジンはラインアップから外れた。

アウディジャパン、ライカとコラボした写真展を東京・青山で開催 「RS」モデルをテーマに

 ボディーカラーには「アップルグリーン」など5色を新たに設定した。内装では、メーターパネル内に12.3インチ液晶ディスプレーの「アウディバーチャルコックピット」を採用した。

 導入記念モデルとして、「Q2 35TFSI Sライン」をベース車に特別装備を採用した限定125台の「Q2 ファーストエディション」も設定して発売する。

 価格は、アドバンスが394万円、Sラインが430万円、ファーストエディションが544万円(消費税込み)。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します