サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ついに黒字化を実現したテスラの原動力「排出権売り上げ」は長続きしないかもしれない

ここから本文です

ついに黒字化を実現したテスラの原動力「排出権売り上げ」は長続きしないかもしれない

ついに黒字化を実現したテスラの原動力「排出権売り上げ」は長続きしないかもしれない

コロナ禍にも関わらず生産台数は大幅増加に

テスラが2020年第4四半期及び2020年暦年での決算を発表。はじめて黒字決算となったことが話題となっています。

2020年の生産台数は50万9737台、販売台数は49万9620台。総売上高は315億3600万ドルで、注目の利益は7億2100万ドル(約750億円)と発表されています。単純に利益率を計算すると2.3%ほどになります。この数字自体は自動車業界の平均的な数値からすれば、かなり低いレベルといえるでしょうが、黒字化したことは大きなニュースです。

決算発表された数値を見ていくとテスラならではのユニークなビジネスモデルが見えてきます。

・自動車部門売上高:272億3600万ドル(208億2100万ドル)
・うち排出権売上:15億8000万ドル(5億9400万ドル)
・総売上高:315億3600万ドル(245億7800万ドル)
・純損益:7億2100万ドル(▲8億6200万ドル)
・フリーキャッシュフロー:59億4300万ドル(24億500万ドル)
※()内は2019年実績

自動車部門のほかにソーラーパネルなどの事業も行なっているため総売上では315億ドルを超えますが、自動車部門が売上(272億ドル)の柱になっているのはご想像の通り。自動車部門が2019年比で64億ドルも売上を増やしているのは、生産台数の増加(2019年は約38万台)がそのまま影響しているといえます。

さらに四半期ごとの生産台数を見ると、2020年の第1四半期は10万2672台、第2四半期にはおそらく新型コロナウイルスの影響で8万2272台と減り、第3四半期は14万5036台、第4四半期も17万9757台とぐんぐん増加しています。このペースで増えていけば2021年はさらに生産台数が増えることが予想されます。

生産台数の増加が排出権の売り上げを押し上げていた

決算発表における数値の中でテスラならではといえるのが「排出権売上(regulatory credits)」でしょう。ご存知のように、これはCO2排出権を他社に販売したもので、全車がゼロエミッションであるテスラにとっては大きなビジネスとなっています。そして、生産台数が増えたことでクレジットの売上も増加しています。

2019年と2020年の純損益を比べると、15億8300万ドルの差があるわけですが、それはまんま排出権による売上といえる状況で、排出権ビジネスがテスラ黒字化の肝になっているわけです。今後テスラの生産台数が増えて排出権の売上が高まれば、同社の黒字体質化は盤石のものとなりそうですが…そう簡単にはいかないかもしれません。

近い将来、自動車メーカーは排出権を購入しなくなる

というのも、どこの自動車メーカーも電動化を進めており、将来的には排出権を購入する必要がなくなることを目指しています。長期的にみると、今の状況はあくまでも一過性のものであって、排出権の売上を前提にビジネスモデルを構築することは危険なのです。

そもそも、テスラはまだまだ成長期にある企業であって、新工場などに投資をしている段階です。2020年は中国・上海のギガファクトリー(完成車工場)からのデリバリーがはじまり、ドイツ・ベルリンにもギガファクトリー(完成車工場)を作るなど多額の投資をしています。ですから、まだ本質的には投資を回収して黒字化するフェイズにないともいえるのです。むしろ、前年比で10億ドルも増えた排出権によって黒字になってしまったという見方をすべきかもしれません。

文:山本晋也(自動車コミュニケータ・コラムニスト)

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します