サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 着こなすライフスタイルSUVへ!アウディQ3&アウディQ3スポーツバックが新登場

ここから本文です

着こなすライフスタイルSUVへ!アウディQ3&アウディQ3スポーツバックが新登場

 アウディSUVの中核的モデル「Q3」が8年ぶりに刷新。新たなエントリーモデル「Q2」の登場もあり、そのポジションの見直しも図られ、より上級に。そして遊び心も加えられた。

 最大のトピックは、Qシリーズ初のスポークバックモデルの投入だ。これによりQ3の守備範囲は、より拡大され、アウディSUVの中でも存在感を強めるだろう。新たなファン拡大にも繋がりそうな新アウディSUVは一体どんなクルマなのだろうか。

ハリアー ヤリス RAV4 PHV 怒涛の新発売ラッシュで大混乱 新型車売れ行き全調査!!!

文:大音 安弘 / 写真:アウディジャパン

【画像ギャラリー】第2世代は選ぶ楽しさアップ!アウディQ3&Q3スポーツバック

仲間が増えた第2世代のQ3

 アウディ ジャパンは、2020年7月7日、アウディSUVシリーズの中核的モデルであるプレミアムコンパクトSUV「Q3」のフルモデルチェンジを発表すると共に、新型プレミアムコンパクトクロスオーバーSUV「Q3スポーツバック」の投入を発表した。

 価格は、Q3が438万~543万円。Q3スポーツバックが452万~563万円。全車右ハンドル仕様となる。販売開始は、2020年8月19日からとアナウンスされている。

2代目に進化したQ3には、新たにクロスオーバーSUVである「スポーツバック」を追加

質感が高められた第2世代

 全面刷新が図られた新型Q3は、先代のカジュアルなイメージを払拭し、質感とSUVらしさを高めている。その象徴となるのが、新生代のSUVスタイルだ。

 アウディSUVのアイコンである「オクタゴン(八角形)のシングルフレームグリル」を取り入れた力強いマスクと、SUVらしい安定感のある筋肉質なボディライン。

 そしてアウディらしいスポーティさを加えることで、魅力的なコンパクトSUVに成長を遂げている。

 そのデザインから推測できるようにボディサイズは、ひとまわりほど拡大され、全長4490mm×全幅1840mm×全高1610mm(※Q3 35TFSIの値)に。

 特に全長は先代比+90mmも延長されている。しかし、同時にホイールベースもストレッチされており、+75mmの2680mmを確保。これがキャビンの快適性の向上に繋がっている。

アスリートのような力強さを感じさせるスタイリング。Q2のたん場も有り、従来型よりもポジションも上にシフトした

広く快適、そして未来的になったキャビン

 オクタゴンデザインを取り入れた立体的なスタイルのダッシュボードには、アウディ自慢の先進機能を満載。

 全車にデジタルメーターの「アウディバーチャルコクピット」とナビゲーション機能付きインフォテイメント「MMIタッチスクリーン」を全車に標準化している。

 ホイールベースの拡大の恩恵で、キャビンの空間は広々したものに。特に後席の快適性が向上され、ヘッドクリアランスの拡大に加え、130mmのスライド機能も与えられた。

 使い勝手の幅を広げるラゲッジスペースも、先代比+70Lの530Lを備え、最大で1525Lまで拡大可能だ。

バーチャルコクピットなどに代表されるアウディらしい先進機能に溢れたコクピット

 新たな価値であるスポーツバックを投入

 新型最大のトピックは、新たなボディバリエーションとして、クーペライクな「Q3スポーツバック」の投入だ。基本的な仕様は、Q3と同様だが、よりスタイリッシュなクーペフォルムを与えることで、より若々しくアクティブな存在に。

 細部の違いでは、バンパーなどの装飾に加え、グリル内部をハニカムスタイルとすることなどでキャラクターを分けている。

 ボディサイズは、全長4500mm×全幅1840mm×全高1565mm(※Q3スポーツバック35TFSIの値)に変更され、Q3比較で全長が+10mm、全高-45mmのいう僅かな寸法差で、より優雅かつスポーティなスタイリングに変化させている。

 ただスタイルの変化が生むキャビンへの影響は最小限に留められており、ラゲッジルームも標準時は、Q3同様の530Lを確保。Q3には劣るが、最大で1400Lまで拡大可能としている。

ルーフラインを絞り、アグレッシブな装いとしたQ3スポーツバック。それでいて実用的なのもポイントが高いところ(写真は欧州仕様車)

FFのガソリンか四駆のディーゼルか

 パワートレインの設定は、Q3シリーズで共通。ガソリン車ならFFとなり、クリーンディーゼル車なら4WD「クワトロ」となる。

 ガソリン車となる「35 TFSI」モデルは、1.5Lの直列4気筒DOHCターボエンジンを搭載し、最高出力150ps/5000~6000rpm、最大トルク250Nm/1500~3500rpmを発揮する。

 燃費性能を高めるべく、気筒休止機能「シリンダーオンデマウンドシステム」を備える。燃費消費率は、Q3が14.2km/L、Q3スポーツバックが14.3km/L(共にWLTCモード)となる。

 クリーンディーゼル車となる「35 TDI」は、2.0Lの直列4気筒DOHCターボエンジンで、最高出力150ps/3500~4000rpm、最大トルク340Nm/1750rpm~3000rpmを発揮。

 ディーゼルならではの高トルクを活かし、4WDと組み合わせながら、燃費消費率は15.4km/L(WLTCモード)と優秀だ。

 トランスミッションは、全車で7速DCTとなる「7速Sトロニック」を組み合わせている。

Q3の初導入した2.0Lクリーンディーゼルターボ。低回転からの高トルクはSUVには、最適だ

アウディもクーペSUVを加速させる!?

 全面刷新されたアウディQ3は、質感や機能性を高めたこと。そして日本でも大きすぎないサイズであることから、更なる支持を集めると見られる。そこで注目されるのが、新たに登場したQ3スポーツバックの活躍だ。

 アウディSUVは、ラージサイズのQ8が登場したことで、クーペSUVというジャンルに切り込んだ。

 その第2弾といえるのが、Q3スポーツバックな訳だが、名称をスポーツバックとしたことは、Q3の美点を最大限活かしたクーペSUVであるという意気込みとも受け取れる。

 様々なモデルが登場した輸入車クーぺSUVだが、意外とコンパクトクラスは限定的だ。またBMW X2よりも大きく、メルセデス・ベンツGLCクーペよりも小さいサイズは実用的でありながら、日本の道路事情にもマッチする。

 しかも価格もGLCクーペよりもぐっと身近なのだ。Q3との価格差も小さめなこともあり、販売比率は高めとなりそうだ。

アウディSUVの将来にも影響を与えると思われる「Q3スポーツバック」。欧州ブランドが熱心に取り組むクーペSUVにアウディも本格参戦か!?

【画像ギャラリー】第2世代は選ぶ楽しさアップ!アウディQ3&Q3スポーツバック

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します