サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > アイルトン・セナが”ライオン”を飼い慣らした日:F1史上最高の激戦……1992年5月31日 F1モナコGP

ここから本文です

 モナコは、誰もオーバーテイクすることができない。

 オーバーテイクが難しいことは、近年ではF1を退屈にさせるひとつの要因だと言われてきた。しかし1992年のモナコGPは、”オーバーテイクの難しさ”によりF1の歴史上最もエキサイティングなレースのひとつに位置付けられる激戦が繰り広げられ、マクラーレンMP4/7A・ホンダを駆るアイルトン・セナが勝利を収めた。

■美しきF1マシン:伝説のモナコGP&最後のホンダV12……セナが魅せたマクラーレンMP4/7A

 このレース前の段階では、セナが勝つ可能性はほぼ皆無と見られていた。同年、ウイリアムズFW14B・ルノーという超高性能の武器を手にしたナイジェル・マンセルは開幕から圧倒的な強さを見せ、開幕5連勝。

おすすめのニュース

サイトトップへ