サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 日本初の「公道レース」はいかにして実現できたのか? レースの裏側で見たものとは

ここから本文です

「消滅可能性都市に、可能性を見出そうと思った」

 日本で初めての市街地公道レースとなる「A1市街地グランプリ GOTSU2020」が、2020年9月20日に成功のうちに幕を閉じた。

レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

 舞台となったのは島根県江津市……「東京から一番遠いまち」として教科書にその名前が登場するものの、知名度は決して高いとは言えない。取材へ向かうために切符の手配を依頼した都内の駅窓口では「この行先は一体何とお読みすればいいのでしょうか?」と尋ねられたほどだ。

 これを機会に覚えておいてほしい。「ゴウツ」と呼ぶ。

 確かに江津は遠い。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン