サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > VWジャパン、「ティグアン」を一部改良 パワートレイン一新 高性能モデル「R」新設定

ここから本文です
 フォルクスワーゲングループジャパン(VGJ、ティル・シェア社長、愛知県豊橋市)は12日、4年ぶりにマイナーチェンジした新型「ティグアン」を発売した。エクステリアデザインを刷新したほか、新しいパワートレインや最新の先進運転支援システムなどを採用して快適性や安全性の向上を図った。フォルクスワーゲンのSUVとして初めて高性能スポーツモデル「ティグアンR」を設定した。

 パワートレインは、従来の「1・4TSI」エンジンに代わって、新たに気筒休止機能付きの「1・5TSI」エンジンを搭載。最高出力110キロワット、最大トルク250ニュートンメートルを発生する。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン