サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1イギリスGPでアルファタウリは苦戦必至? ガスリー、マシンの弱点を嘆く。角田裕毅はQ2進出も厳しいと予測

ここから本文です

 シルバーストン・サーキットを舞台に行なわれているF1第10戦イギリスGP。フリー走行1回目は不安定な天候によりまともな走行が行なわれず、勢力図が見えてくるのはフリー走行2回目からとなった。

 そうしたFP2でアルファタウリはピエール・ガスリーは18番手。チームメイトの角田裕毅は16番手と、アゼルバイジャンGPで上位を走っていたチームが大きく下位に沈んだ。

■角田裕毅、F1イギリスGP初日は厳しい出だしに「現状かなり苦しんでいる」

 ガスリーは、その原因は高いダウンフォース性能を必要とする高速コーナーが連続するシルバーストンのコース特性と今季のマシン『AT03』との相性が悪いことだと指摘している。

おすすめのニュース

サイトトップへ