サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 怪鳥、覚醒。「持っているパフォーマンス」が最大限発揮された今季注目株のポールポジション獲得《GT300予選あと読み》

ここから本文です
“怪鳥復活”──。2019年のスーパーGT GT300クラスに向けて、最大のトピックスと言えたのが、かつて1996年のJGTC全日本GT選手権で圧倒的な強さを誇ったマクラーレン+チームゴウ/McLaren Customer Racing Japanの復活だった。過去にはル・マン24時間をも制したチーム、そしてカーボンモノコックをもつ最新鋭のGT3カーの参戦に、「速いに決まっている」とするライバルたちも多かった。

 しかし、4月の第1戦岡山でのMcLaren 720Sの予選順位は、大いに期待された若手注目株のアレックス・パロウをもってしても最後尾の29番手。

おすすめのニュース

サイトトップへ