サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【MotoGP】ホンダの苦戦、改善に「“バイク新造”は必要ない」とエスパルガロ弟。掴んだ糸口をドイツで実証目指す

ここから本文です

 ザクセンリンク・サーキットでの第8戦ドイツGP開催を迎えているMotoGP。2021年シーズンはこれまでのところドゥカティとヤマハの争いといった様相であり、ホンダはそこに絡むことができていない。

 ホンダ勢の今シーズンベストリザルトは、LCRホンダの中上貴晶が獲得した4位。まだ表彰台を獲得することができていない状況なのだ。

■MotoGPドイツFP2:前戦ウイナーのオリベイラが首位。中上貴晶6番手、マルケスは12番手に留まる

 今シーズンKTMから移籍してきたポル・エスパルガロも中々結果の出ないレースが続いている。しかし彼いわくマシンを全くの新しいモノにしなくとも現在抱えている問題は解決可能だという。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン