サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ザウバー創立50周年を迎えた2020年。アルファロメオF1「前進して、中団トップを争えるように」

ここから本文です
 アルファロメオ・レーシング・オーレンは、2020年シーズンのF1プレシーズンテスト初日に新マシン『C39』を発表した。マシン発表の際には、キミ・ライコネンとアントニオ・ジョビナッツィ、今年からリザーブドライバーを務めるロバート・クビサと、開発ドライバーのタチアナ・カルデロンも登場した。

 C39のカラーリングは、2019年型マシン『C38』と同様にアルファロメオカラーであるレッドと、ホワイトの2色が基調となっている。リヤウイング、エンジンカウル上部、ヘイローもレッドだが、新たに車体のフロント部分にも赤いラインが入っている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン