サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 新型Sクラス・クーペ/カブリオレ日本発売 メルセデス・ベンツ 1508万円~

ここから本文です

新型Sクラス・クーペ/カブリオレ日本発売 メルセデス・ベンツ 1508万円~

もくじ

ー リアコンビランプに有機EL
ー ディストロニックに「自動再発進機能」
ー エナジャイジングコンフォートとは? 気筒休止も

『新型Sクラス・クーペ/カブリオレ日本発売』すべての画像をみる

リアコンビランプに有機EL

メルセデス・ベンツ日本は、メルセデス・ベンツ新型「Sクラス・クーペ」および新型「Sクラス・カブリオレ」を発売した。

「Sクラス・クーペ」は、安全性と快適性、効率性などを究めた高級スポーティ・クーペ。また「Sクラス・カブリオレ」は、「Sクラス・クーペ」をベースに開発され、2016年にW111以来44年ぶりに復活したラグジュアリー4座オープンモデルだ。

新型は「インテリジェントドライブ」がさらに大きく進化。クルマが通信機能を持ち利便性を向上させる「メルセデス・ミー・コネクト」導入。新開発パワートレインの導入、リアコンビネーションランプに有機ELを採用するなど、装いも新たに生まれ変わった。

新型Sクラス・クーペ/カブリオレ デザイン

新型「Sクラス・クーペ/カブリオレ」はダイナミックなデザインはそのままに、フロントおよびリアのデザインを刷新し、革新的でスポーティな印象を強調。

フロントは、大型のエアインテークを備えたバンパーを採用し、ワイド&スポーティに。AMGラインを選択すると左右のエアインテーク部がダイナミックなデザインとなり、クローム加工を施した2本のフィンが装着される。

リアコンビネーションランプには、非常に薄い有機物の層をガラスプレートに印刷した、片側33枚の有機ELパネル使用。ランプ内で浮いているような、先進的なデザインとした。全方向に均一な発光をするほか、周囲の状況に合わせて照度を調整するなど、機能性も兼ね備えている。

インテリアは、美しいカーブを描くダッシュボードからドア、シートまで流れるような一体感のあるデザインコンセプトを継承しながら、
・大型コクピットディスプレイ
・タッチコントロールボタン付きマルチファンクションステアリング
・マルチカラーアニメーション搭載アンビエントライト(64色)
などの装備により、エレガントな室内空間とした。また、最大9種類のインテリアと最大7種のインテリアトリムの幅広いバリエーションを用意した。

「Sクラス・カブリオレ」のソフトトップは3層構造で、閉じた状態ではボディとトップのカラーコンビネーションにより豊かな表情を持つ。また、ヘッドライトは、片側47個のスワロフスキークリスタルを組み込んだ専用LEDハイパフォーマンスヘッドライトを採用。丸みを持つ円柱状の30個のクリスタルをウインカーに、さらに17個のカットクリスタルをポジショニングライトに配置し、揺らめく炎状の輝きがラグジュアリーな表情を与えた。



ディストロニックに「自動再発進機能」

「インテリジェントドライブ」は、レーダーセンサーやステレオマルチパーパスカメラ、超音波センサーにより自車の周囲を常に監視する複合的なセンサーシステムで、先行車両、横切る車両、後方車両、対向車、歩行者などを検出し状況を判断。アクセル、ブレーキ、ステアリングを自動でアシストすることでドライバーの負担を軽減し安全性と快適性を向上させる。

先行車との車間距離を維持する「アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック(自動再発進機能付き)」は、自動再発進機能も新たに備え、停止後30秒以内であればドライバーはアクセルを踏まなくても自動的に発進するようになりました。操作方法においてもステアリング上にスイッチを配置したことで、より直接的に操作機能ができるようになっている。「アクティブステアリングアシスト」も強化され、車線が不明瞭な場合や検知できない場合でも周囲の車両やガードレールなどを検知しステアリングアシストを行るという。また高速道路上での車線変更をアシストする「アクティブレーンチェンジングアシスト」により、ウインカーを操作すると、行き先の車線に車両がいないことをシステムが確認し、自動で車線を変更する。

緊急時のステアリング操作をアシストする「緊急回避補助システム」、衝突時の衝撃音から乗員の耳を保護する「PRE-SAFE・・サウンド」などの新機能を採用したほか、歩行者に加え交差点での車両飛び出しにも自動緊急ブレーキが作動する「アクティブブレーキアシスト(歩行者/飛出し検知機能付)」も備わり、全方位の安全性を高い次元で実現。

さらに、快適な乗り心地を実現するサスペンションシステム「マジックボディコントロール」には、コーナリング時にバイクのライダーのように車体を内側に傾ける(最大2.65°)ことで、乗員に働く横加速度を軽減し、より安定した爽快なコーナリングを実現する「ダイナミックカーブ機能」を従来から採用している。



エナジャイジングコンフォートとは? 気筒休止も

新型「Sクラス・クーペ/カブリオレ」に採用される「エナジャイジングコンフォート」は
・フレッシュネス
・バイタリティ
・ジョイ
・コンフォート
・トレーニング
の5つのプログラムから選択することで、音楽や空調、アンビエントライトやリラクゼーション機能を統合的にコントロールすることができる。

例えば、「トレーニング」を選択すると、トレーニング動画が再生され、アンビエントライトの色は最適な色に変更され、空気清浄機能が稼働するなど、トレーニングに最適な環境へと変更されます。

AMGモデル/価格情報

メルセデス-AMG各モデルには、トップパフォーマンスモデルにのみ採用される「AMGパナメリカーナグリル」を採用。このグリルはカレラ・パナメリカーナ・メヒコで優勝したレーシングカー「メルセデス・ベンツ300 SL」で初めて採用された由緒あるもの。

パワートレインは「AMGシリンダーマネジメント」を採用した新型4.0ℓ V型8気筒直噴ツインターボエンジンを搭載し、トルク可変型四輪駆動システム「AMG 4Matic+」を装備する、パフォーマンス志向のS 63 4Matic+ クーペ/S 63 4Matic+ カブリオレ、V12エンジン搭載のトップパフォーマンスモデルS 65 クーペ/S 65 カブリオレを設定した。

価格は下記の通り。

S450 4Maticクーぺ:1508万円
S560クーペ:1826万円
S560 4Maticクーペ:1810万円
メルセデス-AMG S63 4Matic+クーペ:2533万円
メルセデス-AMG S65クーペ:3310万円
S560カブリオレ:2175万円
メルセデス-AMG S63 4Matic+カブリオレ:2790万円
メルセデス-AMG S65 カブリオレ:3470万円

なお、AUTOCAR JAPANでご覧になっている方は、「すべての画像をみる」ボタンから、外部メディアの方は、記事下のリンク「『新型Sクラス・クーペ/カブリオレ日本発売』すべての画像をみる」から、ほかの画像をお楽しみいただける。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します