サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 3列目ない2列ミニバンなぜ増加? トヨタやホンダ、日産までもが導入する理由とは

ここから本文です

3列目ない2列ミニバンなぜ増加? トヨタやホンダ、日産までもが導入する理由とは

■なぜ、後から2列シート車を追加した?

 新車市場では、ファミリー層などから支持され高い人気を誇る「ミニバン」ですが、ジャンルが確立してから約30年の歴史を重ねています。

アルファードを超えるミニバンか! トヨタが新型高級ミニバン「マジェスティ」発表!

 従来のミニバンは「多人数乗車・多積載」がメリットとなり、家族や友人などで移動する際には重宝されていましたが、最近では3列シート車とは別に2列シート車を設定するモデルが相次いでいるのです。

 なぜ、「多人数乗車・多積載」がメリットだったミニバンに、2列シートの5人乗り仕様車が増えているのでしょうか。

 最近では、2018年5月にホンダ「ジェイド」がマイナーチェンジで2列シート5人乗り仕様を追加。同年9月には、コンパクトクラスのミニバンで販売台数トップとなるトヨタ「シエンタ」も、同様の仕様を新たに設定しています。

 さらに、2019年1月にはミドルクラスのトヨタ「ノア/ヴォクシー/エスクァイア」にも、「MULTI UTILITY(MU)」と呼ばれる2列シートで5人乗り仕様のコンプリートカーがモデリスタブランドから登場しました。

 また、2020年1月に開催された東京オートサロン2020の日産ブースには、日産車のカスタムカーを手掛けるオーテックジャパンが「セレナAUTECH マルチベッド コンセプト」を展示。

 なぜ、各メーカーはミニバンに2列シート車を設定するようになったのでしょうか。その背景には、60歳代から70歳代の「団塊の世代」といわれるユーザー層の生活スタイルの変化が挙げられます。

 この世代の人たちは、男女問わず消費活動に積極的で、趣味や付き合いも多い「アクティブシニア」とも呼ばれています。

 また、子どもが成人していることも多いことから、自分の時間に余裕が生まれてくる世代でもあるうえ、近年ブームとなっているアウトドアや車中泊などを新たに始める団塊の世代も増えているのです。

 そうなると、いままで家族を乗せることが多かった、多人数乗車・多積載に特化したミニバンと同じ運転感覚で、趣味に使うことができるミニバンの2列シート車に注目が集まっているといえます。

 シエンタのマイナーチェンジを担当した、トヨタの製品企画チーフエンジニア・粥川宏氏は次のように、ユーザー動向を説明しています。

「近年、増加しているアクティブなミドル・シニアからアウトドアレジャー(釣り、サイクリング、キャンプ、フェスなど)に関する要望を受けて、2列シート車を新たに設定しています。

 おもには、『3列はいらないから、荷物がたくさん積めること』、『車の中で泊まれること(フラットで長いデッキ面、そのうえで体が起こせる空間を持つこと)』、『荷室空間をカスタマイズできること』というアクティブシニアの要望をキャッチし、それに応える2列仕様を追加してユーザー層を広げたいという想いがありました。

 また、災害時に体を伸ばして眠れるプライベートスペースとしても活躍できるクルマだと思います。さらに、避難だけでなく、その災害にボランティアとして支援をされている方の宿泊場所としても活用いただけると思います。

 実際に、現行モデル投入時には、年配のご夫婦から震災ボランティアの話を聞かせていただきました。その時点から車中泊は私のなかで『いつかやらねば』というテーマとなっていました」

※ ※ ※

 3列シートのモデルに追加する形で2列シート車を設定したシエンタは、単純に3列シート車の最後列を減らしただけではなく、さまざまなニーズに応えるという理由があったようです。

■アウトドア、車中泊、災害時対応が2列シート車のポイント?

 トヨタ車のカスタムカーブランドであるモデリスタと、日産車のカスタムカーブランドのオーテックが、それぞれ2列シート車のモデルを設定した理由とはなんなのでしょうか。

 前出のノア/ヴォクシー/エスクァイアの2列シート仕様となるMULTI UTILITY(MU)では、荷室の横幅に収まり、テーブルとしても車中泊の際のフロアとしても使える「マルチユースボード」を採用。

 さらに、空気入れを使わずに自然に膨らみ、使用後も時間が経てばコンパクトに戻る、手間いらずの「エアスリーブマット」など、車中泊を意識したオプションアクセサリーも同時に発売しています。

 車中泊に関しては、シエンタと同様にレジャーだけでなく、災害時の避難スペースや、ボランティアの宿泊場所としての活用も想定されているのです。

 MULTI UTILITY(MU)の開発経緯について、モデリスタ本部 販売企画・営業支援部の宮入嵩弥氏は、次のように話します。

「ミニバンユーザーのボリュームゾーンであるファミリー層でも、『3列目はなくてもいいから、もっと色々な用途に使えるスペースが欲しい』という要望があり、2列仕様の開発しました」

 また、オーテックが手掛けたセレナ e-POWER AUTECH マルチベッド コンセプトは、休憩や車中泊ができるベッドシステムを搭載したモデルとなります。

 通常のセレナに搭載されている3列目シートを取り払い、ベッドボードを搭載。2列目をフルリクライニングしてベッドキットを敷くと、ほど良いクッション性があるフラットなくつろぎ空間が広がります。

 ベッドボードを乗せるために補強バーが数か所に渡り設置されているため、150kgほどの荷重に耐えられる造りになっています。また、ベッドボードは4分割でき、前の2枚を格納すれば2列目シートに乗車することができます。なお、ベッドボードの下に、荷物を収納することが可能です。

 セレナ e-POWER AUTECH マルチベッド コンセプトについて、オーテックジャパンは次のように説明します。

「プレミアムスポーティなクルマに車中泊仕様を設定する理由として、このクルマを選ぶ人は物選びにこだわり、自分のライフスタイルをより充実させたいと望む人が多いと考えるためです。

 昨今の車中泊は、キャンプだけでなく、マリンスポーツやウィンタースポーツ、温泉巡り、グルメ旅行など、いろいろな趣味で幅広く活用されています。

 自分の都合に合わせて旅をするときに車中泊する人が増えている現状と、災害時の一時避難場所としても活用される背景もあり、増加する車中泊ニーズに応えるため、セレナAUTECHの新たな提案として開発しました」

※ ※ ※

 シエンタやMULTI UTILITY(MU)、セレナ e-POWER AUTECH マルチベッド コンセプトなどは、ニーズの高まるアウトドアや車中泊というトレンドを捉えて開発されています。

 さらに、近年大規模な災害が多発していることにも着目して、より快適なカーライフを実現させるための活用方法も提案しているようです。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します