サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【動画】あのスズキ・チョイノリがスッゲー速い!! ってどーいうこと? SS1/32mile・台湾大会

ここから本文です

【動画】あのスズキ・チョイノリがスッゲー速い!! ってどーいうこと? SS1/32mile・台湾大会

【動画】あのスズキ・チョイノリがスッゲー速い!! ってどーいうこと? SS1/32mile・台湾大会

SS1/32mile台湾大会の参加車両をみると、スズキ・チョイノリ率が高い。チョイノリって、コスパ重視だからお世辞にも速いなんて言えないはずなのに、いったいどーして??

ホンダ・カブをカスタムするとこんなに男らしくなる!

 今から15年ほど前の2003年、新車価格59,800円(税抜)という当時としては驚愕のプライスで登場したスズキ・チョイノリ。その名の通り、近所のコンビニやスーパーマーケットまでの足としての用途向けに開発されたので、足周りはリヤショックが省かれたリジッドサス。シンプルなOHVの4ストロークとしたエンジンの最高出力は2ps。チェーンを使った駆動方式で、変速機構は無しと、徹底的に製造コストを抑えたモデルである。

 当然、2psの出力なので速くはない(というか遅い)のだが、実は日本や台湾といった原チャリチューニングの盛んな地域では、このチョイノリが良好な素材として重宝されていたりもする。

 人気の理由の一つが軽量なボディにあるコストを削減するために極力シンプルな構成となっているため、とにかく軽量なのだ。その重量は重量39kg(乾燥)。オイル等を含む装備重量でも43kgと、他の50ccスクーターと比較しても格段に軽量(現行のヤマハJOGの装備重量は78kg)なのである。

 このフレームにチョイノリよりもパワーの大きいエンジンを搭載し(なのでチョイノリエンジンの出番はない)、さらにボア&ストロークアップや圧縮アップなどによってエンジン自体をチューンナップ! 140cc化したグランドアクシスのエンジンや250ccオーバーのシグナスXのエンジンなどを搭載するのが、このチョイノリメチャ速仕様の種明かし。リヤ周りのフレームがむき出しなので、エンジンを載せ替え作業が容易ということもあって、このチョイノリを用いたチューニングは原チャリシーンではある意味ポピュラーだったりもするのだ。









おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します