サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1経営体制に大きな変更。商業担当取締役ブラッチスが離職へ

ここから本文です

 リバティ・メディアのF1ビジネス経営に携わる重要人物のひとりであるショーン・ブラッチスが、間もなく現在の役職を離れて家族の住むアメリカへ戻ることになるとみられている。

 2017年にF1の商業権を取得して買収したリバティ・メディアは、1970年代後半からF1を経営してきたバーニー・エクレストンに代わる新経営体制を構築した。

F1、世界選手権70周年を記念し、3種類の新ロゴを発表

 この経営体制は3名のキーパーソンから成り立っていた。

おすすめのニュース

サイトトップへ