現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > スウェーデン発の517馬力SUV 航続610kmのポールスター3へ同乗 BMW iXへ対抗

ここから本文です
スウェーデン発の517馬力SUV 航続610kmのポールスター3へ同乗 BMW iXへ対抗
写真を全て見る(4枚)

プラットフォームはボルボEX90と共有

新しい電動SUV、ポールスター3が発売される。ツインモーターの最高出力は517ps。先進的な運転支援システムを実装し、持続可能性へ配慮した内装素材が用いられ、従来以上に「課題へ向き合い、責任を果たす」モデルだと主張される。

【画像】スウェーデン発の517馬力SUV ポールスター3 競合クラスの電動SUVは? 現行の2も 全137枚

既に英国では注文を受け付けており、価格は7万9900ポンド(約1478万円)から。中国中部の成都市とアメリカ・サウスカロライナ州にあるボルボの工場で、2024年初頭から順次生産がスタートする。

記事全文を読む

関連タグ

こんな記事も読まれています

キャンツーでも美味しいコーヒーを淹れたいライダーに!「スタッキングカフェドリッパー&カップセット」がデイトナから登場
キャンツーでも美味しいコーヒーを淹れたいライダーに!「スタッキングカフェドリッパー&カップセット」がデイトナから登場
バイクブロス
特定原付「ENNE T350 Pro」兵庫県の取扱店のお知らせ
特定原付「ENNE T350 Pro」兵庫県の取扱店のお知らせ
バイクブロス
ダイハツ、認証不正で稼働停止のロッキー/ライズ ガソリン車を3月18日から生産再開
ダイハツ、認証不正で稼働停止のロッキー/ライズ ガソリン車を3月18日から生産再開
日刊自動車新聞
「給油口の位置」右・左どっちか迷ったら? クルマから降りずにわかる!? 知っておきたい簡単すぎる確認方法とは
「給油口の位置」右・左どっちか迷ったら? クルマから降りずにわかる!? 知っておきたい簡単すぎる確認方法とは
くるまのニュース
日野、ダイハツ、豊田自動織機…… トヨタの新たな統治の仕組みで続発する不正は根絶できるのか?
日野、ダイハツ、豊田自動織機…… トヨタの新たな統治の仕組みで続発する不正は根絶できるのか?
ベストカーWeb
車検が圧倒的にラクになる!? まもなく始まるOBD車検っていったい何?
車検が圧倒的にラクになる!? まもなく始まるOBD車検っていったい何?
WEB CARTOP
「第40回大阪モーターサイクルショー2024」の会期中イベントが発表!
「第40回大阪モーターサイクルショー2024」の会期中イベントが発表!
バイクブロス
スズキ、エブリイとエブリイワゴンを一部改良、同時に福祉車両も仕様変更
スズキ、エブリイとエブリイワゴンを一部改良、同時に福祉車両も仕様変更
Believe Japan
日本国内限定235台! 最高級クロスカントリービークル、メルセデスAMG「G63 グランドエディション」発表
日本国内限定235台! 最高級クロスカントリービークル、メルセデスAMG「G63 グランドエディション」発表
LE VOLANT CARSMEET WEB
進化した「GRヤリス」は何がスゴい? 速いDATで雪道を激走!? GRカローラも同時試乗!伝説セリカも展示、雪の楽しみ方とは
進化した「GRヤリス」は何がスゴい? 速いDATで雪道を激走!? GRカローラも同時試乗!伝説セリカも展示、雪の楽しみ方とは
くるまのニュース
何を示しているか覚えてる? 道路に描かれた「ダイヤマーク」の意味
何を示しているか覚えてる? 道路に描かれた「ダイヤマーク」の意味
バイクのニュース
マツダ新型「MAZDA 2」は大排気量に!「2リッターエンジン」初搭載で“ホットモデル”に超進化! スポーティな「専用ツインマフラー」標準装備した姿とは
マツダ新型「MAZDA 2」は大排気量に!「2リッターエンジン」初搭載で“ホットモデル”に超進化! スポーティな「専用ツインマフラー」標準装備した姿とは
くるまのニュース
「ランボルギーニ・ウルスS」と「ウラカン・ステラート」の一団が、フレンチアルプスをかき回す!
「ランボルギーニ・ウルスS」と「ウラカン・ステラート」の一団が、フレンチアルプスをかき回す!
LE VOLANT CARSMEET WEB
まさかの新型「GT-Rスーパーカー」!? 700馬力V6ד6速MT”採用!斬新ボディの2億円超え「ボヘマ」に反響続々!
まさかの新型「GT-Rスーパーカー」!? 700馬力V6ד6速MT”採用!斬新ボディの2億円超え「ボヘマ」に反響続々!
くるまのニュース
崖っぷちから掴んだ“未来”。スーパーフォーミュラ昇格の木村偉織が明かす「SFライツでチャンピオンを獲れなかったらここにはいなかったと思う」
崖っぷちから掴んだ“未来”。スーパーフォーミュラ昇格の木村偉織が明かす「SFライツでチャンピオンを獲れなかったらここにはいなかったと思う」
motorsport.com 日本版
「排気音を変える」だけが目的じゃない! 最近のスポーツモデルがマフラー出口部に「蓋」を付けるワケ
「排気音を変える」だけが目的じゃない! 最近のスポーツモデルがマフラー出口部に「蓋」を付けるワケ
WEB CARTOP
コレが一番速いはずなのに? ザウバー、プルロッド式のフロントサスペンション採用が少なく「驚いた」
コレが一番速いはずなのに? ザウバー、プルロッド式のフロントサスペンション採用が少なく「驚いた」
motorsport.com 日本版
マツダ「新型2ドアスポーツカー」登場なるか! 「次期型RX-7」思わせるリトラライト&2ドアモデルの市販化が“前進中”!? 期待高まる「ICONIC SP」とは
マツダ「新型2ドアスポーツカー」登場なるか! 「次期型RX-7」思わせるリトラライト&2ドアモデルの市販化が“前進中”!? 期待高まる「ICONIC SP」とは
くるまのニュース

みんなのコメント

11件
  • zoo********
    人工知能を搭載ですか。
    エクステリアもインテリアもシンプルで洗練されていて、未来のボルボデザインを想像させます。
    まだまだ価格的に手が出ませんが、安全性の分野はどんどん進化していずれ一般人が利用できるようになるといいですね。
  • kus********
    「実際のところ、子供のお迎えや買い物へ活躍するであろう、」なのか?1千万円を軽く超えるんだけど。車体もデカいし。
    ああ、米国の話か。
    軽が市販車の半分を占める日本向けの記事じゃ無いのか。
    金があったら欲しい1台だけど、国内ではこの車体はもてあますだろうなあ。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村