サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ベッテルに遭遇しスピンしたフェルスタッペン。ハミルトンの速さに完敗「難しいQ3だったが、悪くない結果」|F1シュタイアーマルクGP予選

ここから本文です

 F1第2戦シュタイアーマルクGPの予選でポールポジションを獲得したのは、メルセデスのルイス・ハミルトンだった。その最大の脅威となりそうなのが、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン。彼は予選で2番手につけ、決勝での巻き返しを狙っている。

 ハミルトンとフェルスタッペンの予選のタイム差は1.2秒。近年では稀に見る大きな差となった。

■まさに水を得た魚。圧巻ポールのハミルトン「マシンと調和した、完璧なラップだった」

 当初、ふたりの差は0.7秒ほどだった。そして予選Q3の最終アタックでフェルスタッペンは、自身の持ちタイムを削るべく、セクター1で全体ベストタイムを計測。

おすすめのニュース

サイトトップへ