サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 三菱「ミニキャブ・トラック」を一部改良

ここから本文です
三菱は2019年9月24日、軽商用車「ミニキャブ トラック」の一部グレードで予防安全技術「e-Assist」の機能を強化し、サポカーSワイドに適合させ発売した。なお「ミニキャブ・トラック」はスズキ・キャリイのOEMモデルだ。

主な改良点は、「G」グレードで予防安全技術「e-Assist」の機能を強化。衝突被害軽減ブレーキシステムにステレオカメラを新規追加し、夜間でも前方車両や歩行者の検知を可能としている。また誤発進抑制機能も超音波センサー方式からステレオカメラ方式に変更した。

おすすめのニュース

サイトトップへ