サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 「レッドブルF1は曲がるウイングで0.3秒稼いでいる」ハミルトンの発言後、FIAが取り締まり強化を決定

ここから本文です

 2021年第4戦スペインGPの週末、メルセデスのルイス・ハミルトンが、レッドブルRB16Bには“曲がるウイング”がついており、それによってタイムを稼いでいると発言、レッドブル・ホンダのチーム代表クリスチャン・ホーナーがマシンの合法性を主張した。しかしその後、FIAはウイングのたわみの監視を強化することを明らかにした。

 スペインGPでハミルトンは0.036秒差でポールポジションを獲得した後、レッドブルの速さは脅威であるとして、『Sky F1』に対して次のようにコメントしていた。

レッドブルのアルボンが18インチF1タイヤテストに参加。アルファロメオのクビサも走行

「レッドブルはストレートで本当に速かった。マシンのリヤに曲がるウイングがついていた。

おすすめのニュース

サイトトップへ