サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > マゼピンとシューマッハーの間に緊張感。ハースF1代表は「大きな課題」の解決に向けモンツァで再度議論へ

ここから本文です
 ハースF1チームのチーム代表であるギュンター・シュタイナーによると、チームは2021年F1第13戦オランダGPで同士討ちをしたドライバーのミック・シューマッハーとニキータ・マゼピンの間の緊張感を和らげるために、懸命に働きかけるという。

 土曜日、マゼピンは予選のスタート時にあらかじめ予定されていた走行順を、シューマッハーが故意に無視したことに激怒した。それが原因でコース上でふたりのドライバーの間に亀裂が生じ、後方から走ってきたアストンマーティンのセバスチャン・ベッテルにあやうく衝突するところだった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン