サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【くるま問答】新車開発の聖地ニュルブルクリンク 北コースは、いったいどんなところ?

ここから本文です

【くるま問答】新車開発の聖地ニュルブルクリンク 北コースは、いったいどんなところ?

ニューモデルの開発エピソードや、レースの話題によく登場する名称「ニュルブルクリンク」。そこはいったいどんな場所なのか。知っていそうで実はよくわからない、通称“ニュル”を改めて紹介しよう。

世界一タフなサーキットとも言われる「ニュルブルクリンク北コース」
世界で一番タフなサーキットと言われているのが、ドイツのニュルブルクリンクのノルドシュライフェだ。ニュルブルク(ニュル城)にあるリンク(サーキット)なのでニュルブルクリンクと呼ぶ。

超高速通信“5G”の本格導入がクルマ社会に与える影響とは?【2020 自動車キーワード】

「ノルドシュライフェ」は北コースという意味で、現在は20.832kmだが、1927年にオープンしたころは22.8kmだった。南コースもあったが1984年に安全性を高めるために改修され、F1も開催できるグランプリコースになった。

有名なニュルブルクリンク24時間耐久レースは、このグランプリコースの一部とノルドシュライフェのフルコースを使って開催される。昔は大規模な草レースだったが、いまや世界の自動車メーカーが凌ぎを削るビッグレースとなっている。

300mもの高低差がある
ニュルブルクリンク ノルドシュライフェがなぜタフなコースなのかというと、高低差が約300mもあること。道路の最大勾配は17%と一般的なサーキットとは別次元のキツさだ。レーシングスピードでその高低差を走り抜けるので、クルマがジャンプするシーンも見られる。レースでGT-Rが宙を舞って事故になったため、2015年には勾配の終わりをなだらかにする工事が行われた。

エスケープゾーンは狭く、横だけでなく縦方向もブラインドとなるコーナーがたくさんあるので、走るにはコースを熟知していないと危険だ。また雨が降るとレコードラインはまるで雪道のように滑りやすくなる。

一般人もレンタカーで走行できる
ウイークデイの昼間の時間帯はインダストリアルプールといって、自動車メーカーやタイヤメーカーなどが走行テストを行っている。それが終わった夕方以降と土日は、一般のドライバーも走行できる。ニュルブルクリンクには、走行するための専用のレンタカー店もあるのだ。

過去には破産した経歴もあるが、その理由はハコモノを作り過ぎた当時の社長による経営の失敗。コース運営だけを見れば立派に成立しているのだ。

クルマ好きであれば一度は行ってみたいと思う、まさに聖地と言える「ニュルブルクリンク ノルドシュライフェ」。遠い存在のようで実は近い、その気になれば行くことができるとお伝えしておきたい。(文:こもだきよし)

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します