サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > メルセデスのゼロサイドポッド、お蔵入りの可能性はまだある? アップデート効果発揮も「判断にはまだ早い」

ここから本文です

 メルセデスF1はF1第6戦スペインGPでアップデートを導入。フリー走行を見る限りでは調子を上向かせているようだが、テクニカルディレクターはマシンコンセプトを継続するかどうかの判断を下すにはまだ早いと考えている。

 2022年、メルセデスF1は予想外の苦戦に直面した。新世代のF1マシンで多くのチームが苦しんでいるポーパシングの解決が上手く進まず、レッドブルやフェラーリに後れをとってしまっている。

■メルセデス、完全復活近し? アップデートでマシンが”劇的”変化「反応が明らかに違う」

 メルセデスは今シーズン、マシン開発にあたって極端に小さな“ゼロサイドポッド”とも呼ばれるサイドポッドのデザインを採用している。

おすすめのニュース

サイトトップへ