サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > レゴブロックとF1技術で開発!? 新型クーペSUVルノー「アルカナ」初公開! ハイブリッドモデルを今春日本導入

ここから本文です

レゴブロックとF1技術で開発!? 新型クーペSUVルノー「アルカナ」初公開! ハイブリッドモデルを今春日本導入

■2022年春に日本導入する「アルカナE-TECHハイブリッド」

 ルノー・ジャポンは2022年1月14日、ルノーがF1レースで培ったノウハウを取り入れて独自に開発したハイブリッドシステム「E-TECHハイブリッド」を搭載したモデルを順次日本に導入すると発表しました。東京オートサロン2022のルノーブースで、このE-TECHハイブリッドを搭載したクーペSUV「アルカナ」を初披露しました。

【画像】LEGOブロックとF1技術が生み出した!? ルノー「アルカナE-TECHハイブリッド」を見る(38枚)

 新型アルカナは、全長4568mm×全幅1820mm×全高1576mm、ホイールベースは2720mmというボディサイズの、ルノー初となる5ドア・クーペSUVです。ルノー・日産・三菱アライアンスの「CMF-B」モジュラープラットフォームを採用しているモデルです。

 搭載されるE-TECHハイブリッドは、メインモーターであるEモーターと HSG(ハイボルテージスターター&ジェネレーター)という2基のモーター、1.6リッター4気筒自然吸気エンジン、そしてこれらを繋ぐトランスミッションのドッグクラッチマルチモードAT で構成され、従来のパワートレーンにはないスムーズな変速とダイレクトな加速を両立させているといいます。

 エンジン出力は94馬力・148Nm。これにEモーターの36kW・205Nm、HSGの15kW・50Nmが加わります。
 
 燃費がよくドライブフィールに優れたハイブリッド車を実現するためには、エンジンとモーターをつなぐトランスミッションを軽量・コンパクトなものとするのが鍵だといいます。それに活用されたのが、ルノー/アルピーヌが長年にわたり参戦し、多くの経験とノウハウを持つF1の技術。F1のトランスミッションと同じドッグクラッチを使用することで、一般的なクラッチやシンクロナイザーさえも省き、軽量化とコンパクト化を図ったといいます。

 さらにトランスミッションの実現性検証に使われたのが、工業用LEGOブロックです。エンジニアはLEGOブロックを使ってトランスミッションのモデルを組み上げ、アイデアが 実際に機能するかどうかの検証を進めました。同時にF1 のエンジニアと協業して、F1のノ ウハウを活用した技術開発も進めたといいます。

 また1.2kWh(230V)のバッテリーを装備。燃費と CO2 排出量を大幅に削減し、条件が許せば、市街地走行時の最大 80%の時間をフルエレクトリックモー ドで走行し、最大40%の燃料削減が可能といいます。この結果、WLTCモード燃費は20.8km/Lを記録します。

※ ※ ※

 E-TECHハイブリッドを搭載する新型アルカナの日本導入は2022年春を予定しています。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します