サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1、新技術規則の導入が2023年になる可能性も? レッドブル代表「いま重要なのは安定性」

ここから本文です

 F1は、2021年に全面的なレギュレーション変更を計画しており、マシンも一新される予定だった。しかし、新型コロナウイルスが世界的に流行したことで、技術規則の変更が2022年まで遅れることとなった。

 世界中で猛威を奮っている新型コロナウイルス。F1はすでに8レースの延期・中止を発表しており、収益の悪化とチームへの分配金の減少が予想される。

■F1のファクトリー閉鎖期間がさらに延長へ? チーム側は「コスト削減になる」と歓迎

 こうした不安定な状況の中での大幅な支出増加を避けるため、技術規則の刷新を1年遅らせ、2021年も現行マシンでレースを行なうことで全チームが同意。今年中の新車開発も禁止されることとなった。

おすすめのニュース

サイトトップへ