現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > BEVをより身近に! BYDが認定中古車制度の運用を全国52 拠点で取り扱い開始

ここから本文です
BEVをより身近に! BYDが認定中古車制度の運用を全国52 拠点で取り扱い開始
写真を全て見る(4枚)

BYDオートジャパンは2024年4月19日、日本国内で販売するBYD全モデルを対象にした「認定中古車制度」を新たに構築し、全国52拠点のBYD正規ディーラーで取り扱いを同日より開始することを発表した。

BEVライフを始めるもう一つの選択としてBYD中古車もありかも
2022年に続き、2023年も電気自動車販売台数世界ナンバー1を獲得したBYD。日本では2023年1月よりミドルサイズSUV「BYD ATTO 3(アットスリー)」を導入したのに続き、2023年9月よりコンパクトBEV「BYD DOLPHIN(ドルフィン)」発売している。

記事全文を読む

こんな記事も読まれています

ボルボ EX30が“日本で最も売れた輸入EV”に 2024年1-4月 累計販売台数でトップ
ボルボ EX30が“日本で最も売れた輸入EV”に 2024年1-4月 累計販売台数でトップ
グーネット
日本ではその性能のすべてを発揮できない! 出力270kWの充電が可能なアウディQ6 e-tron登場
日本ではその性能のすべてを発揮できない! 出力270kWの充電が可能なアウディQ6 e-tron登場
THE EV TIMES
[新事実]10年でバッテリーが壊れるは嘘!? 最近のハイブリッドはマジで頑丈だぞ
[新事実]10年でバッテリーが壊れるは嘘!? 最近のハイブリッドはマジで頑丈だぞ
ベストカーWeb
ポルシェ「911GT3 RS」よりも速い!? テスラ新型「モデル3パフォーマンス」の販売店の反響は?
ポルシェ「911GT3 RS」よりも速い!? テスラ新型「モデル3パフォーマンス」の販売店の反響は?
VAGUE
Honda的「かつてない感動体験」って、どんな体験? 「2024 ビジネスアップデート説明会」を通して、EVだけじゃない未来が見えてきた
Honda的「かつてない感動体験」って、どんな体験? 「2024 ビジネスアップデート説明会」を通して、EVだけじゃない未来が見えてきた
Webモーターマガジン
テスラより安い中国最新EV オンボ「L60」 航続距離は最長1000km
テスラより安い中国最新EV オンボ「L60」 航続距離は最長1000km
AUTOCAR JAPAN
BEVが急速に普及したタイで成長鈍化の予想! それでも中国メーカーが押し寄せるのは日本進出への布石か
BEVが急速に普及したタイで成長鈍化の予想! それでも中国メーカーが押し寄せるのは日本進出への布石か
WEB CARTOP
BYD、欧州初のPHEV発表…SUV『シール U』に設定
BYD、欧州初のPHEV発表…SUV『シール U』に設定
レスポンス
ドライブスルー中古車査定が登場…強みは「スピードと会話の短縮」
ドライブスルー中古車査定が登場…強みは「スピードと会話の短縮」
レスポンス
年収は最低いくら必要!? “500万円台から”のトヨタ高級ミニバン「アルファード/ヴェルファイア」を買える“幸せな家族”の世帯年収とは
年収は最低いくら必要!? “500万円台から”のトヨタ高級ミニバン「アルファード/ヴェルファイア」を買える“幸せな家族”の世帯年収とは
VAGUE
ガソリンスタンドで「クルマ買取」なぜ増加? どんなメリットがある? GSが“給油以外”のサービスを行う理由は?
ガソリンスタンドで「クルマ買取」なぜ増加? どんなメリットがある? GSが“給油以外”のサービスを行う理由は?
くるまのニュース
ホンダ三部社長ブレずに「2040年にBEV+FCV100%、2030年に40%(200万台)」を明言 ホントか…? ホントに出来るのか??
ホンダ三部社長ブレずに「2040年にBEV+FCV100%、2030年に40%(200万台)」を明言 ホントか…? ホントに出来るのか??
ベストカーWeb
EVジェネシス、曲がる太陽電池を搭載した3輪車の実証実験開始
EVジェネシス、曲がる太陽電池を搭載した3輪車の実証実験開始
レスポンス
ホンダ CR-V【1分で読める国産車解説/2024年最新版】
ホンダ CR-V【1分で読める国産車解説/2024年最新版】
Webモーターマガジン
バッテリー駆動より使い勝手ヨシ! 大型“燃料電池トラック”普及のカギは? 出力でも値段でもない
バッテリー駆動より使い勝手ヨシ! 大型“燃料電池トラック”普及のカギは? 出力でも値段でもない
乗りものニュース
BYDがカスタムカーや旧車イベントに出展する意義とは?「シール」の導入でセダンの復権なるか!?
BYDがカスタムカーや旧車イベントに出展する意義とは?「シール」の導入でセダンの復権なるか!?
Auto Messe Web
ホンダが「充電待ち」の無い「新型EV」を実車公開!「画期的なシステム」搭載の「商用バン」! 丸目がレトロな「MEV-VAN」登場
ホンダが「充電待ち」の無い「新型EV」を実車公開!「画期的なシステム」搭載の「商用バン」! 丸目がレトロな「MEV-VAN」登場
くるまのニュース
ホンダ新型「最速SUV」登場! 全長5m超えで“NSX超え”「タイプS」設定! 新型「ZDX」米で納車開始
ホンダ新型「最速SUV」登場! 全長5m超えで“NSX超え”「タイプS」設定! 新型「ZDX」米で納車開始
くるまのニュース

みんなのコメント

21件
  • bla********
    補助金なんかなくてもTeslaもBYDも売れてますよ。路上で1日一度はTeslaをみるようになりました。日本車も世界中に売れるまで何十年もかかったじゃないですか?最近は世界一の自動車市場の中国や東南アジア、北欧、欧州など日本製自動車が売れずに撤退やシェア縮少が続いているようですが。BYDやTeslaが生産体制を整えて世界で販売できるようになったのはコロナ禍くらいからです。そう考えたら数年でここまで世界でシェアの伸び率をみたら驚異的なスピードですよ。日本人は危機感がないのかのんびり船漕いでヘラヘラしていますが、すでにバッテリーやソフトウェア技術、生産技術、販売手法どれをとってもBYDやTesla、CATLに日本勢は勝てませんよ。ガラケーからスマホに、ウォークマンからiPodに、DVDレンタル事業からネットプリックスに。日本が自慢していたものが全て置き換わったのと状況が似ていますね笑
  • *******
    中国、自動車産業が不動産産業を上回って、GDPの10%に

    しかも新車販売の半分以上がEV

    間違いなく日本は負ける
    もうEVでは完全に敗北してるけど
    いや車としても敗北してるか
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村