現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > どっこい生きてたSR400ゥ! 生誕45周年の2023年モデル、ニューカラーはマットグレーとホワイトの2色だ!【海外】

ここから本文です

どっこい生きてたSR400ゥ! 生誕45周年の2023年モデル、ニューカラーはマットグレーとホワイトの2色だ!【海外】

掲載 10
どっこい生きてたSR400ゥ! 生誕45周年の2023年モデル、ニューカラーはマットグレーとホワイトの2色だ!【海外】

タイで生き残ってニューカラーまで登場……!

ヤマハはタイで、SR400のニューカラー×2色を2023年モデルとしてラインナップ。排出ガス規制の関係で日本ではすでに販売終了しているが、タイでは以前の仕様のまま継続販売されている。こうして生き残ることが、日本でのパーツ供給の延命にもつながるのかも?

もう二度と新車は買えないSR400……でも部品なら? ヤマハ内で「SRパーツの永年供給案」が浮上中?!



43年で歴史に幕……と思ったらタイで続いてるよ!

平成32年排出ガス規制の壁、ABS義務化、そして灯火類の追加レギュレーション……。日本ではさまざまな理由から継続生産ができなくなり、2021年モデルをもって殿堂入りしたSR400。1978年に登場した初代から基本的な仕様を大きく変えずに生産が続き、当初はシングルスポーツと呼ばれたSR400も、いつしかリアルクラシックに。

2021年に発売されたファイナルエディションおよびファイナルエディションリミテッドは、前後ワイヤースポークホイールにキックスターターと、初代当時からのアイデンティティをそのまま継承しながら、現代のバイクと同じようにフューエルインジェクションを装備するなど、可能な限り姿形を変えることなくゴールへとたどり着いた。

そんなSR400だが、排出ガス規制がそれほど厳しくないタイでは生き残っている。たとえ日本に並行輸入などで持ち込んだとしても、公道を走れるバイクとして登録することはかなわないのではあるが。

生誕45周年となる今年も、空冷シングルエンジンをセミダブルクレードルフレームに搭載する姿はそのままに、ニューカラーがラインナップされた。新色は2色あり、ひとつはマットグレーメタリック、もうひとつはシルキーホワイトだ。価格は2022年モデルから1万バーツ上昇し、29万5000バーツ(日本円換算約124万7000円・11/22現在)となった。

日本では、ヤマハがSR400のパーツを永年供給するのではといった話も取り沙汰されているが、海外とはいえ現行モデルとして生き残っていることが、パーツ供給にはプラスに働く面もあるかもしれない。

―― こちらはマットグレーメタリック。

YAMAHA SR400[2023 Thailand model]

主要諸元■全長2085 全幅750 全高1110 軸距1410 最低地上高130 シート高790(各mm) 車重174kg(装備)■空冷4ストローク単気筒SOHC2バルブ 399cc 23.2ps/6500rpm 2.8kg-m/300rpm 変速機5段 燃料タンク容量12L■タイヤサイズF=90/100-18 R=110/90-18 ●価格:29万5000バーツ ※諸元等はタイ仕様

―― シルキーホワイトは、ブラウン系のツートーンシートや薄めのゴールドピンストライプが特徴的。

―― ヘッドライトケースやメーターの白など、見慣れたSR400のはずでも新鮮なカラーリング。

SR400 タイ仕様のカラーバリエーション

―― YAMAHA SR400[2023 Thailand model]Mat Gray Metallic

―― YAMAHA SR400[2023 Thailand model]Mat Gray Metallic

―― YAMAHA SR400[2023 Thailand model]Silky White

―― YAMAHA SR400[2023 Thailand model]Silky White

こんな記事も読まれています

F1新ポイントシステム案、上位チームからも支持集まる。導入に向けたハードルはクリアか?
F1新ポイントシステム案、上位チームからも支持集まる。導入に向けたハードルはクリアか?
motorsport.com 日本版
[サウンド制御術・実践講座]クロスオーバー…ツイーターの“限界の見極め”から開始!
[サウンド制御術・実践講座]クロスオーバー…ツイーターの“限界の見極め”から開始!
レスポンス
「F1を目指す以上、日本の皆さんから応援してもらいたい」岩佐歩夢プロデュースのイベント開催。ファンや子どもたちの反応に手応え
「F1を目指す以上、日本の皆さんから応援してもらいたい」岩佐歩夢プロデュースのイベント開催。ファンや子どもたちの反応に手応え
motorsport.com 日本版
加速スゴすぎ! BEVやハイブリッド車の「スタートダッシュ」なぜ速い? 一気に爆速で走れるワケとは
加速スゴすぎ! BEVやハイブリッド車の「スタートダッシュ」なぜ速い? 一気に爆速で走れるワケとは
くるまのニュース
「100馬力超もパワーダウン」でも魅力満載! レクサスの“電動SUV”「RZ」のエントリーモデルが手に入れた「安さだけじゃない魅力」とは
「100馬力超もパワーダウン」でも魅力満載! レクサスの“電動SUV”「RZ」のエントリーモデルが手に入れた「安さだけじゃない魅力」とは
VAGUE
マクラーレンのプラグインハイブリッド車「アルトゥーラ」のオープントップモデルが日本初公開
マクラーレンのプラグインハイブリッド車「アルトゥーラ」のオープントップモデルが日本初公開
カー・アンド・ドライバー
フェラーリ「ローマ スパイダー」が世界的権威「レッドドット・デザイン賞」を受賞! もっとも美しい「プロダクトデザイン」に選ばれました
フェラーリ「ローマ スパイダー」が世界的権威「レッドドット・デザイン賞」を受賞! もっとも美しい「プロダクトデザイン」に選ばれました
Auto Messe Web
ホンダ N-VANを一部改良。同時に特別仕様車の「スタイル+ ネイチャー」も発売
ホンダ N-VANを一部改良。同時に特別仕様車の「スタイル+ ネイチャー」も発売
Webモーターマガジン
首位YARTヤマハにTeam Étoileも転倒。ヨシムラSERTがトップにカムバック/2024EWC第1戦ル・マン24時間 16時間経過後
首位YARTヤマハにTeam Étoileも転倒。ヨシムラSERTがトップにカムバック/2024EWC第1戦ル・マン24時間 16時間経過後
AUTOSPORT web
HKSが GRカローラ 用スポーツサスペンション「ハイパーマックス R」発売
HKSが GRカローラ 用スポーツサスペンション「ハイパーマックス R」発売
レスポンス
レゴで実物大のF1マシンを作り上げたってマジか! 2428時間かけて19万2937ピースを使った衝撃作がF1アジアラウンドを転戦!!
レゴで実物大のF1マシンを作り上げたってマジか! 2428時間かけて19万2937ピースを使った衝撃作がF1アジアラウンドを転戦!!
WEB CARTOP
「うっかり忘れた」「面倒で無視した」は通用しない! リコール対策を放置して事故が起こったらユーザーにも責任アリ!!
「うっかり忘れた」「面倒で無視した」は通用しない! リコール対策を放置して事故が起こったらユーザーにも責任アリ!!
WEB CARTOP
F1、新たなポイントシステムを協議へ。ポイント獲得の対象が12位まで拡大?
F1、新たなポイントシステムを協議へ。ポイント獲得の対象が12位まで拡大?
motorsport.com 日本版
日産「新型高級ミニバン」初公開! 全ドア「スライドドア」&フルフラットフロア採用! 次期型「エルグランド」と呼び声高い「Hツアラー」タイに登場
日産「新型高級ミニバン」初公開! 全ドア「スライドドア」&フルフラットフロア採用! 次期型「エルグランド」と呼び声高い「Hツアラー」タイに登場
くるまのニュース
ルクレール「ハードタイヤで特に苦しんだ……奇妙だ」中国GPは予想大外れの週末で表彰台逃す
ルクレール「ハードタイヤで特に苦しんだ……奇妙だ」中国GPは予想大外れの週末で表彰台逃す
motorsport.com 日本版
【スクープ】トヨタ「ヤリスクロス」の次期型EVデザインはこれで決まりか!? 「アーバンSUVコンセプト」の量産型を大予想!
【スクープ】トヨタ「ヤリスクロス」の次期型EVデザインはこれで決まりか!? 「アーバンSUVコンセプト」の量産型を大予想!
LE VOLANT CARSMEET WEB
インテリアの組み立てまで完了!フジミ製プラモ「プレリュードSi」を作り込む!第5回【CARSMEET モデルカー倶楽部】
インテリアの組み立てまで完了!フジミ製プラモ「プレリュードSi」を作り込む!第5回【CARSMEET モデルカー倶楽部】
LE VOLANT CARSMEET WEB
ブレーキロックからの生還/レクサスが全ラップ抹消/赤旗は「手厳しい」etc.【WECイモラ予選日Topics】
ブレーキロックからの生還/レクサスが全ラップ抹消/赤旗は「手厳しい」etc.【WECイモラ予選日Topics】
AUTOSPORT web

みんなのコメント

10件
  • yum********
    タイでは売れてないですよ
    たまに見るけど、フルノーマルのまま大きなソフトシールド
    荷台に箱乗せて
    西洋人おじさんたちのカブ扱いです
  • ズル大佐
    逆輸入する業者はないのかしら?
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村