サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【スーパーGT】19号車スープラの猛追を逆手に……優勝した1号車STANLEYの山本尚貴が見せた、王者の風格漂う老獪なレース戦略

ここから本文です
 ツインリンクもてぎで行なわれた2021スーパーGT第4戦。優勝したのはポールポジションスタートの1号車STANLEY NSX-GT(山本尚貴/牧野任祐)だったが、レース中は19号車WedsSport ADVAN GR Supra(国本雄資/宮田莉朋)との息詰まる攻防が繰り広げられた。

 スタートでは牧野がドライブする1号車が順当にホールショットを奪ったが、19号車の国本は7周目の5コーナーで牧野並びかけると、130Rでオーバーテイク。首位に立った。1号車は19号車を逆転できぬまま24周終了時にピットへと向かい、牧野から山本にドライバー交代した。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン