サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 約276万円がスタートプライスの日産キックスの微妙な割高感の正体とは?

ここから本文です

約276万円がスタートプライスの日産キックスの微妙な割高感の正体とは?

Bセグメントで280万円前後は輸入車並み

トヨタだけでも6月に「ハリアー」「RAV4 PHV」をデビューさせ、秋には「ヤリスクロス」が控えるなど2020年はクロスオーバーSUVの当たり年となりそうな雰囲気。日産も負けじと6月にブランニューモデル「キックス」をローンチ、年内には「エクストレイル」のフルモデルチェンジも噂されています。

そうした背景もあって、どの新型SUVも注目度が高いのですが、キックスの注目度はかなりのもの。ノートよりパワーアップしたシリーズハイブリッドシステム「e-POWER」や、新世代のスタイリングも評価されているようです。

とはいえこのキックス、「割高感」を指摘する声も聞かれます。今回はタイで生産する輸入車ということもあり、比較的豪華な仕様に絞られていますが、1.2Lエンジンのハイブリッドカーで275万9900円~286万9900円という価格帯はたしかに高い印象です。もっとも、電動化の進む時代にエンジン排気量を基準に「高い、安い」というのはナンセンスという指摘もあるかもしれません。

しかし、キックスのボディ寸法は全長4290×全幅1760×全高1610mmで、一般的にはBセグメントといわれるサイズ感です。BセグSUVで280万円前後という価格設定は輸入車並み。キックスはタイで生産しているれっきとした輸入車なのですが、いわゆるプレミアムではなく「日産」ブランドの商品ですから、強気の設定に感じられます。

ヴェゼルは4WDでパワーも上回る

同じく国産ブランドのBセグSUVと言えば、一番人気は「ホンダ ヴェゼル」。1.5Lハイブリッドもあるので、商品企画としてもライバルでしょう。ヴェゼルハイブリッドの価格帯は250万5555円~298万0186円(モデューロX除く)で、キックスと大して変わらないように見えますが、ヴェゼルハイブリッドには4WDの設定があり、それによって価格が高く見える部分があります(キックスはFFのみ)。

たとえばヴェゼルの量販グレードといえる「ハイブリッド X ホンダセンシング」のメーカー希望小売価格はFFで258万6018円、4WDで280万6018円。価格帯でいうと、FFのキックスとヴェゼルハイブリッドの4WDが同等というわけです。

さらにヴェゼルハイブリッドのエンジンは1.5L 4気筒で、シングルモーターとの組み合わせながら、システム最高出力は112kW。キックスの駆動を担当するモーターの最高出力は95kWですからパフォーマンスの面でもキックスは割高といえます。

C-HRはCセグメントベースで燃費も上回る

一方、キックスのライバルは「トヨタ C-HR」とすべきだろう声も聞こえてきます。たしかに、C-HRのハイブリッドはFFだけの設定ですし、その価格帯も273万円~299万5000円(GRを除く)と、キックスに近いものとなっています。

C-HRはスタイル優先のデザインで全高も1550mmと低くなっていますので、キャビンの広さではキックスが優勢です。とくに室内長はキックスが1920mmとC-HRの1800mmを大きく上回っています。

しかし思い出してほしいのですが、キックスの素性はBセグSUVです。一方、C-HRはプリウス系プラットフォームを使っていることからもわかるようにCセグSUVというべきで、パワートレインも1.8Lエンジンのハイブリッドとなっています。しかも、WLTCモード燃費を見比べると、C-HRは25.8km/Lとなっていて、キックスの21.6km/Lを大きく上回ります。

キックスには、新世代のスタイリングとワンペダルで操作できる新しいドライブ感覚といった魅力があるし、真新しいモデルをそれなりにデビューから時間が経ったモデルたちと価格だけで比べるのはナンセンスかもしれません。

しかしBセグSUVというカテゴリーでみれば少々高いし、価格帯が同等のライバルはセグメントや排気量がひとクラス上となれば、キックスが割高に感じられるという意見にも一理あるのかもしれません。

文:山本晋也(自動車コミュニケータ・コラムニスト)

※7月10日、記事中の小見出しに誤りがあったため修正をいたしました。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します