サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > GM LG化学とEV用バッテリーセルを合弁生産 2500億円投資

ここから本文です

ゼネラルモーターズ(GM)は、韓国のLG化学と米国で電気自動車(EV)用バッテリーセルを合弁で量産することで合意したと発表した。両社は、折半出資の合弁会社を通じて最大で総額23億ドル(約2500億円)を投資する。低コストのバッテリー開発でも協力する。

合弁会社はオハイオ州北東部のローズタウンエリアにEV向けバッテリーセルの組み立て工場を新設する。2020年半ばに起工式を行う予定で、2021年秋にGMが市場投入する予定の電動ピックアップトラックに搭載される見通し。

パナソニックの半導体事業撤退 日系自動車業界が影響を懸念

生産能力は年間30ギガワットアワー以上を確保する予定で、1100人以上の新規雇用を見込む。

おすすめのニュース

サイトトップへ