サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ボディタイプ別売れ筋ウォッチ、クーペ/オープン部門でGT-Rが久々にトップ5入り

ここから本文です

ボディタイプ別売れ筋ウォッチ、クーペ/オープン部門でGT-Rが久々にトップ5入り

3月のボディタイプ別売れ筋・クーペ/オープンは計1908台が登録され、登録車の合計に対するシェアは0.6%で前月と同水準。順位の変動は少なかったが、年度末もあってトップ5の全車種が登録を伸ばす結果となった。

首位は4か月連続で「マツダ ロードスター」。登録は前月比71.3%増の968台となった。現行の4代目モデルは既にデビューから6年近くが経過しているが、昨年12月には新内装色を追加するなどの改良を受けており、今なお競争力は高い。

2位は前月比23.3%増の408台を登録した「トヨタ 86」で、モデルライフ末期を感じさせない好調ぶりを見せた。4月5日には後継モデルがワールドプレミアされており、こちらの販売開始も待ち遠しい。

3位となったのは「レクサス LC」。前月比20.4%増の171台を登録し、前月獲得した3位の座を守った。特に5.0L V8自然吸気ユニットが登録の約9割と圧倒的人気で、自然な回転の高まりと官能的なエキゾーストノートに評価が集まっているようだ。

4位の「トヨタ スープラ」は、前月比9.1%増の120台を登録。昨年実施された一部改良ではRZの最高出力が387PSにアップするなど大幅なパフォーマンス向上を果たしており、レースシーンにおける活躍も相まってファンのハートを捕らえている。

前月からワンランクアップで5位に滑り込んだのは「日産 GT-R」。登録は前月比125.5%増の106台と急伸長し、「レクサス RC」を一気に抜き去った。4月14日にはエンジン部品の精度を向上した2022年モデルも公開されたから、今後さらなる登録増に貢献しそうだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します