サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ブリヂストンがタイヤの荷重や摩耗のセンシング技術を開発

ここから本文です
タイヤ内面に貼りつけたセンサーがひずみを計測。タイヤの状況を推定

タイヤメーカー各社は自動運転の普及などに備え、タイヤ内部にセンサーを備え、空気圧や摩耗状態を検知・測定するシステムの開発を進めている。タイヤ内部(トレッド裏)に電池を内蔵した小型センサーを貼り付け、そこからさまざまな情報を得る方式が主流となる可能性が高く、昨年の東京モーターショーにも横浜ゴムなどが出展していた。
ブリヂストンが昨年12月に発表した「スマート・ストレイン・センサー」もそうした形状ながら、このセンサーは空気圧や温度といったデータに加えて、走行中のタイヤのひずみを測定する機能を備えている。

おすすめのニュース

サイトトップへ