サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【スーパーGT】わずかに逆転王座の可能性残す14号車ENEOSの山下「タイトルは厳しいけど……スープラ得意の富士で勝ちたい」

ここから本文です
 2021年のスーパーGTも、いよいよ最終戦富士を残すのみとなった。開幕戦ウイナーである14号車ENEOS X PRIME GR Supraの大嶋和也、山下健太は、シーズン後半戦は苦しんだものの、なんとかタイトル戦線に踏みとどまっている。

 ランキングトップである1号車STANLEY NSX-GTの山本尚貴と、14号車のふたりのポイント差は20。大嶋、山下組が逆転タイトルを手にするためには最終戦での優勝が絶対条件であり、なおかつ山本をはじめとするライバルが下位に沈む必要がある。そのため、山下本人も逆転はかなり厳しいと認めている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ