サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ENEOSの冴えたレース勘と、命運を分けた山下健太のウインドウの不運【GT500決勝あと読み】

ここから本文です
 2021年のスーパーGT開幕戦を制し40kgのサクセスウエイト(SW/旧称:ウエイトハンデ)を搭載して第2戦富士500kmに臨んだ14号車ENEOS X PRIME GR Supra 。最大SWを搭載しながら予選6番手から決勝では2位となり、ポイントランキングでも独走状態に入ったが、その背景にはチームのファインプレイと、ひとつの悔しい出来事が隠されていた。

 今回の14号車のファインプレイは、タイヤの持ち込みセットにあった。第2戦富士500kmはレース距離の長さから、通常の6セットに1セット加えた7セット、タイヤを持ち込むことができた。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン