サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 本家はバカ売れなのにどうして? OEM車が「売れなくてもいい理由」とは

ここから本文です

ブランド違いのOEM車にも異端児はいるのか

 自社製品に別のメーカーのエンブレムを装着して、相手先に供給するのがOEM車だ。ダイハツは自社のロッキーをトヨタにライズの名称で供給している。逆にトヨタは、自社のカムリをアルティスの名称で供給している。 製造メーカーの商品とOEM車の販売台数を比べると、一般的には製造メーカー製が多い。トヨタ・カムリは2020年に1カ月平均で約1000台を登録したが、ダイハツ・アルティスは5台だ。

「昔のほうが良かった」そう嘆くマニアも納得の「原点回帰してほしいクルマ」7選

 カムリも人気車ではないが、アルティスの売れ行きは、その0.5%と少ない。1カ月に5台、1年で60台の販売規模は、貴重ともいえるだろう。

おすすめのニュース

サイトトップへ