サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > タイヤにも「気象病」は起こる! 温度・湿度・標高で空気圧はかなり変化していた

ここから本文です

 この記事をまとめると

■タイヤはクルマの重要部品であり、適性な空気圧の維持が必要

【今さら聞けない】タイヤの溝に挟まった小石は取るべき?

■タイヤ空気圧は季節や気候、標高などの影響を受けやすい

■それぞれのシチュエーションでどのような影響を受けるのか解説する

 2カ月の放置で30kPaほど空気圧が低くなっている可能性も

 季節の変わり目は、昔から体調を崩す人が多く、近年、こうした気候や天気の変化が原因でおこるカラダの不調の総称を「気象病」とし、世間に認知されるようになってきた。

おすすめのニュース

サイトトップへ