現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > タイを席巻するEV化の波! 低価格EVで勝負をかける中国メーカーが日本をも飲み込む勢い

ここから本文です

タイを席巻するEV化の波! 低価格EVで勝負をかける中国メーカーが日本をも飲み込む勢い

掲載 75
タイを席巻するEV化の波! 低価格EVで勝負をかける中国メーカーが日本をも飲み込む勢い

 この記事をまとめると

■バンコクではコロナ禍前とそれ以降で町を走っているクルマがさま変わりした

日本車がシェア8割を占めるタイで中国メーカーが存在感! バンコクモーターショーで中華系BEVに群がる若者たち

■アジア圏では中国の電気自動車がシェアを伸ばしつつある

■日本でも中国製の安価なBEVの展開が始まると国産車の脅威となる可能性がある

 たった数年で町を走るクルマがさま変わりした

 2022年春にコロナ禍後初めてタイの首都バンコクを訪れた。

 その時にコロナ禍前からどんなクルマが走っているのか定点観測している大通りの交差点にて、そこを走るクルマをウォッチしていると、日本でも人気の高いトヨタ・カローラクロスばかりが走っているという、ある種異常事態に遭遇した。

 しかし、それよりも驚かされたのが中国メーカーのBEV(バッテリー電気自動車)の台頭である。コロナ禍前より上海汽車系のMGブランドでは、コンパクトクロスオーバーSUVベースとなる「ZS EV」をすでに販売していたが、そのころはパラパラ見かける程度だった。MGではさらにステーションワゴンスタイルのEPをラインアップしており、これが2022年に街に走り出していた。さらにGWM(長城汽車)もタイ市場に参入していて、コンパクトBEVとなる「ORA」をラインアップし、これもよく見かけるようになっていた。

 そして2023年春、再びバンコク市内でクルマウォッチングをしていると、相変わらず中国系BEVがよく走っているのだが、その様相が少々変わっていた。2022年秋に比亜迪(BYD)汽車がタイ市場への参入を発表。同年11月に日本でもお馴染みの「ATTO(以下アット)3」を発売すると、現地メディアの報道では発売1カ月で7000台を受注したとのこと。タイの新車販売市場が日本の2割程度と考えると、スマッシュヒットと言っていい状況といえる。そして、この販売状況が街角ウォッチングしただけでも伝わるほど、街なかにはアット3が溢れていた。「MGだけでなく、GWMのBEVがバンコク市内で目立ち始め、そしてBYDのアット3があっという間に街に溢れました。タイの人たちがこれほど躊躇なく中国メーカーのBEVを選んで乗るとは思っていませんでした」とは現地在住歴の長い業界事情通。

 短期間でBYD車が目立つのだから、相当えげつない販売をしているのではないかと聞くと、中国メーカー以外でもBEVには手厚い補助金が出ているものの、そのほかに目立って囲い込みをはかろうとするようなBYD独自のインセンティブの連発などは目立っていないとのこと。単純に気に入ったり、納得して選んでいるように見えると事情通は語ってくれた。

 事情通はさらにバンコクにおけるBEVは新しいフェーズに入ろうとしていると語ってくれた。「ZS EVやアット3を下まわる価格のローエンドBEVなどと表現される、中国製廉価BEVが注目されてきている」とのこと。

 中国の電気自動車の勢いが止まらない

 2022年秋に中国の合衆新能源汽車の哪吨(NETA)ブランドは、タイにて「NETA V」というコンパクトハッチバックタイプのローエンドBEVの予約受け付けを開始した。実際の車両価格は76万バーツ(約289万円)なのだが、現地報道では予約に限っては54.9万バーツ(約209万円)で販売したとのこと。そして2024年からはタイにて現地生産を開始予定となっている。

「NETA V」は全長4070×全幅1690mmで95馬力/150Nmの電動モーターを搭載するFFモデルとなる。最高速度は101km/hながら、航続距離は384kmとなっている。けっしてハイスペックとはいえないものの、MG「ZS EV」やBYD「アット3」のタイでの車両価格より200万円近く安くなっている。「タイ人の知り合いが通勤用にと複数保有でNETA Vを購入したので、どうなのか聞くと『通勤用というか、街乗りとして割り切れば不満はない』とのことでした」(事情通)。

 2022年に開催された第43回バンコク国際モーターショー会場内のNETAブースでは、中国での「45万円BEV」として話題となった、上海通用五菱汽車の宏光のようなマイクロBEV系のモデルを展示したのだが、今回はより実用的ともいえる「NETA V」をメインに展示して存在感を見せていて驚かされた。

 GWMのORAもコンパクトハッチバックBEVとなるのだが、こちらはローエンドBEVというわけではなく、MG「ZS EV」やBYD「アット3」より価格は高めとなっており、富裕層のおもに令嬢向けのセカンドカーやサードカーなどへ向けたニーズを狙っているように見える。

 そして「NETA V」に続けとばかりではないが、2023年春、つまり今年春に開催された第44回バンコク国際モーターショー会場内でのプレスカンファレンスで、BYDは日本でも導入予定のドルフィンをタイ市場において正式デビューさせた。そしてその車両価格は日本円換算で約300万円、「NETA V」にぶつけてきた形となっている。つまり、300万円台のローエンドBEVという新たなカテゴリーがタイ市場で形成されようとしているのである。

 ちなみにタイ市場における新車価格は全般的に高めとなっているとのこと。それも考慮すれば、BYDドルフィンの日本国内での販売価格は300万円を切る可能性が高まってきている。つまり、日産「サクラ」を射程距離においているのである。サクラの販売は好調だが、これはけっして「軽自動車だから」というニーズが高いというわけではない。

 日本でBEVを購入しようとなれば、ほぼほぼ欧州やアメリカ(テスラ)のBEVがおもな検討対象となるが、そこでは車両価格がネックとなってくる。「もう少し手軽に乗れるBEVはないかな」というなかでサクラが選ばれることも多いので、「軽自動車規格BEVにはこだわらないがお手軽価格のBEVはないか」と考えている新たな購買層を獲得する可能性は高い。

 タイで日系メーカーのHEV(ハイブリッド車)に近い車両価格のBEVがよく売れるだけでなく、さらに価格の安いローエンドBEVにおいてもすでに中国メーカーは主導権を握ろうとしてきている。これらのカテゴリーでは中国車がファーストペンギンといっていい立場になりつつある。そのなかで日系メーカーはどう攻めていくだろうか。筆者が訪れている東南アジアの国々では、一般大衆レベルでは日本ほど中国アレルギーがあるとは感じられない。「日本車最後の楽園」ともいわれる東南アジア市場だが、中長期的に見ればそれも昔話となってしまうというのが、だんだん夢物語ともいえない状況になってきている。

こんな記事も読まれています

フィスカー最初の電動SUV『オーシャン』、2024年初頭に改良へ
フィスカー最初の電動SUV『オーシャン』、2024年初頭に改良へ
レスポンス
ヨシムラが SV650/X 用「フェンダーレスKIT」の受注を開始!
ヨシムラが SV650/X 用「フェンダーレスKIT」の受注を開始!
バイクブロス
サーブの血を引く電動セダン 量産化へ一歩前進 Nevs、カナダ企業へプロジェクト売却
サーブの血を引く電動セダン 量産化へ一歩前進 Nevs、カナダ企業へプロジェクト売却
AUTOCAR JAPAN
アルファロメオ・ジュリア/ステルヴィオの「クアドリフォリオ」が仕様変更を実施
アルファロメオ・ジュリア/ステルヴィオの「クアドリフォリオ」が仕様変更を実施
カー・アンド・ドライバー
スズキが新型「スイフト」発売! 7年ぶりに世界戦略車を全面刷新! 初のマイルドHV×MT設定 172万円から
スズキが新型「スイフト」発売! 7年ぶりに世界戦略車を全面刷新! 初のマイルドHV×MT設定 172万円から
くるまのニュース
YFデザインによるグラフィックモデル「RX-7X TSUBASA/ツバサ」がアライから2024年2月中旬発売!
YFデザインによるグラフィックモデル「RX-7X TSUBASA/ツバサ」がアライから2024年2月中旬発売!
バイクブロス
エンジン車は「救命胴衣」 東欧ダチア(DACIA)が電動化に時間をかける理由 EVには消極的?
エンジン車は「救命胴衣」 東欧ダチア(DACIA)が電動化に時間をかける理由 EVには消極的?
AUTOCAR JAPAN
【ボクらの時代録】2012年の日本カー・オブ・ザ・イヤー。マツダCX-5( KEE/KE2型)の魂を揺さぶったスカイアクティブ技術
【ボクらの時代録】2012年の日本カー・オブ・ザ・イヤー。マツダCX-5( KEE/KE2型)の魂を揺さぶったスカイアクティブ技術
カー・アンド・ドライバー
ブリヂストン、次期フォーミュラEタイヤサプライヤーに決定! 2026-27年シーズンから2スペックのタイヤを供給
ブリヂストン、次期フォーミュラEタイヤサプライヤーに決定! 2026-27年シーズンから2スペックのタイヤを供給
motorsport.com 日本版
761馬力に大幅強化? アウディの最上位EV、改良へ 内外装も一新
761馬力に大幅強化? アウディの最上位EV、改良へ 内外装も一新
AUTOCAR JAPAN
トヨタ「ハイエース」のこだわり内装カスタム3選。サロンカーにキャンピングカー、ウッディなレトロモダンからお選びください
トヨタ「ハイエース」のこだわり内装カスタム3選。サロンカーにキャンピングカー、ウッディなレトロモダンからお選びください
Auto Messe Web
F1がFIAと全面対立? メルセデス代表夫妻の利益相反疑惑に、全チームが一致団結して関与を否定
F1がFIAと全面対立? メルセデス代表夫妻の利益相反疑惑に、全チームが一致団結して関与を否定
motorsport.com 日本版
メルセデス・ベンツGLCクーペが初のフルモデルチェンジを敢行
メルセデス・ベンツGLCクーペが初のフルモデルチェンジを敢行
カー・アンド・ドライバー
ホンダに転職のアルプスアルパイン元社員、営業機密持ち出し疑いで逮捕[新聞ウォッチ]
ホンダに転職のアルプスアルパイン元社員、営業機密持ち出し疑いで逮捕[新聞ウォッチ]
レスポンス
「ガソリン安くなる!」けど、ナゼやらない? 「トリガー条項」凍結解除を議論へ 具体的な課題は何なのか?
「ガソリン安くなる!」けど、ナゼやらない? 「トリガー条項」凍結解除を議論へ 具体的な課題は何なのか?
くるまのニュース
キャブ車だからなのか! 冬のバイク、エンジンがかかりにくくなるのはなぜ?
キャブ車だからなのか! 冬のバイク、エンジンがかかりにくくなるのはなぜ?
バイクのニュース
トヨタ新型「ヴェルファイア」“ド迫力エアロ&シャコタン仕様”公開!? めちゃカッコイイ“エムズスピード仕様“登場
トヨタ新型「ヴェルファイア」“ド迫力エアロ&シャコタン仕様”公開!? めちゃカッコイイ“エムズスピード仕様“登場
くるまのニュース
バイク用Bluetoothインカム「B+COM」 SHOEIの装着機構「SHOEI COMLINK」対応の新型モデルを2024年に発売
バイク用Bluetoothインカム「B+COM」 SHOEIの装着機構「SHOEI COMLINK」対応の新型モデルを2024年に発売
バイクのニュース

みんなのコメント

75件
  • EVの波、大波! 勢いが、日に日に加速するようですね。
  • 日本人の経済状況から、安くて航続距離が500km以上で耐久性が担保された車が有って、充電インフラがGSや自宅に併設される勢いで普及すれば、中国製でも売れる時代は来ると思う。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで! 登録してお得なクーポンを獲得しよう
マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

ログイン

中古車探しをもっと便利に

  • 中古車お気に入り管理
  • おすすめ中古車の表示

あなたにおすすめのサービス

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村