サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「あおり運転」厳罰化がスタート、罰則に望むことは?きっかけになったと思われる行動は?

ここから本文です

「あおり運転」厳罰化がスタート、罰則に望むことは?きっかけになったと思われる行動は?

被害者が絶えないあおり運転。ここではドライバーたちに、今まであおり運転に出合ったきっかけから罰則に望むことなどアンケートから読み解く現状をお伝えする。

軽に乗る女性はあおられやすい!?

駅から目的地までのちょい乗りから公道を走れるモデルまで!通勤の新たな手段となる電動キックスクーター5選

あおり運転をされた経験がある人に聞いた「きっかけとして思い当たる行動」TOP3

あなたなら譲る?何もしない? 最近、問題視されている「あおり運転」だが、実際にあおられた時、どのような対処法をとるドライバーが多いのだろう。 今回楽天インサイトは、、全国の20代から60代の男女で、月に1回以上運転をする1,000人に「あおり運転に関する調査」を実施した。 あおり運転をされた時にとった対処方法を聞いたところ、「道を譲った」(44.9%)と回答した人が4割半ばで最も多かった。「何もしなかった」(30.8%)と回答した人も3割程度いた。その他の回答(FA)では「警察署へ向かった」、「派出所に誘導した」、「警察に電話をするふりをした」など、警察を頼る行動も散見された。

【参考】https://dime.jp/genre/826299/

あおり運転の罰則としてみんなが望むことTOP3、3位罰金刑、2位生涯免停、1位は?

先日、警察庁が深刻な社会問題と化している「あおり運転」を厳罰化すべく、道路交通法改正を目指す方針を固めた。これにより、あおり運転をしたドライバーは即免許取り消しになる場合もあるという。 こうした「あおり運転の罰則」について世間の人たちはどのような意見を持っているのかを調べるべくこのほど、総合旅行プラットフォーム「エアトリ」による20代~70代の男女1,150名を対象にしたアンケート調査が行われた。

【参考】https://dime.jp/genre/822326/

被害者に聞いた「あおり運転」のきっかけとなったと思われる行動TOP3、3位車両を追い越した、2位遅い速度で走行、1位は?

社会問題化している「あおり運転」。車を日常定期に使う人からしたら厄介この上ない行為なわけだが、どのようにすれば遭わず済むのだろうか。また、あおられてしまった時の対処法にはどんなものがあるのだろうか。 そこでこのほど、楽天インサイト株式会社によるあおり運転経験者を対象にしたアンケート調査が行われたので、その結果を紹介していきたい。

【参考】https://dime.jp/genre/787880/

軽自動車に乗っている女性は「煽り運転」の被害に遭いやすい?

突然だが、ROAD RAGE(ロードレイジ)とは、何を意味する英語かご存じだろうか? ROAD RAGE(ロードレイジ)とは、自動車走行中の追い越しなどに対して、あおり運転や、進路妨害するといったドライバーの報復行動のこと。 アメリカでは30年以上も前から社会問題になっているが、日本でも、あおり運転は7,000件以上(2016 年)が検挙されるなど、社会問題化しているのは記憶に新しい。

【参考】https://dime.jp/genre/712017/

文/DIME編集部

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します