現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 欧州メーカー各社のBEVプラットフォーム開発の現状と今後【本誌取材ノート】

ここから本文です

欧州メーカー各社のBEVプラットフォーム開発の現状と今後【本誌取材ノート】

掲載 更新 カー・アンド・ドライバー 6
欧州メーカー各社のBEVプラットフォーム開発の現状と今後【本誌取材ノート】
写真を全て見る(14枚)

欧州メーカーが牽引する世界のBEVシフトの潮流

 現在、欧州の自動車メーカーは、BEV開発に突き進んでいる。すでに多くのメーカーからBEVが本格的に販売されており、内燃機関エンジン(ICE)に変わり、主役の座に座りつつある。本誌特集記事(『CAR and DRIVER』2023年1月号掲載)でも記したように、欧州連合(EU)の政策執行機関である欧州委員会(EC)は、BEVでないと達成不可能な、CO2排出の厳しい規制や、ICEの禁止など国の法律を超えた規制を強力に推進しているからだ。

記事全文を読む

こんな記事も読まれています

ホンダがEVシフトにむけて10兆円を投入! 2030年までに7モデルの「0シリーズ」が誕生する
ホンダがEVシフトにむけて10兆円を投入! 2030年までに7モデルの「0シリーズ」が誕生する
WEB CARTOP
展示製品のウラ話をブース担当者に聞いちゃいました!「人とくるまのテクノロジー展 2024 YOKOHAMA」デンソー/アイシン/ジェイテクト編
展示製品のウラ話をブース担当者に聞いちゃいました!「人とくるまのテクノロジー展 2024 YOKOHAMA」デンソー/アイシン/ジェイテクト編
くるまのニュース
ルクレール、モナコ初日最速もさらなるペースアップに自信アリ「すべてをまとめられれば、もっとタイムが上がる」
ルクレール、モナコ初日最速もさらなるペースアップに自信アリ「すべてをまとめられれば、もっとタイムが上がる」
motorsport.com 日本版
スズキが新型「ハスラー」発表! 斬新な「ブラック顔」採用でイメチェン成功!? 超カッコいいレトロ&タフな「ワイルド仕様」を初公開!
スズキが新型「ハスラー」発表! 斬新な「ブラック顔」採用でイメチェン成功!? 超カッコいいレトロ&タフな「ワイルド仕様」を初公開!
くるまのニュース
日本初のミッドシップ2シーターを当時は待ち望んでいた!トヨタ「MR2」とは
日本初のミッドシップ2シーターを当時は待ち望んでいた!トヨタ「MR2」とは
バイクのニュース
日産NISMOの香りは「桜+タイヤ」、香水をフォーミュラE上海E-Prixで発表 5月25日
日産NISMOの香りは「桜+タイヤ」、香水をフォーミュラE上海E-Prixで発表 5月25日
レスポンス
インプレッサーブを知ってるか? インプレッサスポーツワゴンのサーブ版9-2Xの黒歴史とは 
インプレッサーブを知ってるか? インプレッサスポーツワゴンのサーブ版9-2Xの黒歴史とは 
ベストカーWeb
見た目が凄い! カクカクSUV何がある? 最近人気高まる国産SUV3選
見た目が凄い! カクカクSUV何がある? 最近人気高まる国産SUV3選
くるまのニュース
モナコGPって眠くならない? ハミルトン、レースを盛り上げる策を提案「特別なタイヤを用意して、ピット回数を増やそう!」
モナコGPって眠くならない? ハミルトン、レースを盛り上げる策を提案「特別なタイヤを用意して、ピット回数を増やそう!」
motorsport.com 日本版
F1メカ解説|超ハイダウンフォース仕様のリヤウイングが登場! 低速モナコでフェラーリとマクラーレンが新パーツでレッドブル撃破に挑む
F1メカ解説|超ハイダウンフォース仕様のリヤウイングが登場! 低速モナコでフェラーリとマクラーレンが新パーツでレッドブル撃破に挑む
motorsport.com 日本版
ホンダ「V型10気筒エンジン」搭載した新型スーパーカー! 正式に「NSX後継車」名乗った「超ロングノーズ」モデルの正体は?
ホンダ「V型10気筒エンジン」搭載した新型スーパーカー! 正式に「NSX後継車」名乗った「超ロングノーズ」モデルの正体は?
くるまのニュース
マツダは“クルマ好きの会社”へ:「2030 VISION」…人とくるまのテクノロジー展2024
マツダは“クルマ好きの会社”へ:「2030 VISION」…人とくるまのテクノロジー展2024
レスポンス
あと2年で開通できる? ネオ甲州街道「八王子南バイパス」工事で新たな課題も
あと2年で開通できる? ネオ甲州街道「八王子南バイパス」工事で新たな課題も
乗りものニュース
フェラーリが速すぎる! ペレス、F1モナコGP初日終え「今の彼らには手が届かない」
フェラーリが速すぎる! ペレス、F1モナコGP初日終え「今の彼らには手が届かない」
motorsport.com 日本版
日産「スペシャルティカー」登場! 1340万円の“2ドア”クーペ!? ほぼ新車の希少シルビアとは
日産「スペシャルティカー」登場! 1340万円の“2ドア”クーペ!? ほぼ新車の希少シルビアとは
くるまのニュース
グーグルマップが狭い道をルート案内してしまうのはなぜ? 人気ナンバーワン「無料地図アプリ」の“泣き所”とは?
グーグルマップが狭い道をルート案内してしまうのはなぜ? 人気ナンバーワン「無料地図アプリ」の“泣き所”とは?
VAGUE
ヒョンデ、レベル4の自動運転燃料電池トラック発表
ヒョンデ、レベル4の自動運転燃料電池トラック発表
レスポンス
打倒[新型フリード]だ!! 三菱のミニバン[エクスパンダークロス]が販売好調を予感させるワケ
打倒[新型フリード]だ!! 三菱のミニバン[エクスパンダークロス]が販売好調を予感させるワケ
ベストカーWeb

みんなのコメント

6件
  • >ECがいくら頑張ってもICEがなくなることはない

    「なくなる」の定義だが、例えばMTの現状は確かになくなってはいない。
    しかし、既にMTの車両は「趣味レベル」であって、ATと併存していると言えるかというとかなり怪しい。
    そのうち、BEVとそれ以外とで今のATとMTぐらいの比になるのではないかと予想しておく。
  • 自動車の覇権争いではないですよ。自動車だけではなく排出ガスを出すすべての機器の規制です。日本車つぶしというのは被害妄想も良いところです。欧米で走ってるのはその国の内燃車ですよ。家庭用では電熱式や電磁式のコンロ、給湯器などが欧州では急速に普及しています。日本は惨めな状態ですね。ブツブツ文句を言っても環境破壊する国は発言権は無いですから。念仏扱いです。
    世界は本気ですよ。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村