サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 2021年F1第14戦でマクラーレンが1-2。またも遺恨残すアクシデントで選手権の主役ふたりはリタイア【イタリアGP】

ここから本文です
2021年9月12日、F1第14戦イタリアGP決勝がミラノ近郊のモンツァ・サーキットで開催され、マクラレーン・メルセデスのダニエル・リカルドが優勝。2位にはチームメイトのランド・ノリスが入り、マクラーレンが1-2フィニッシュを達成。3位にはメルセデスのバルテリ・ボッタスが入っている。

フェルスタッペンとハミルトンがアクシデントにより無得点
第10戦イギリスGPでルイス・ハミルトン(メルセデス)がマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)を弾き飛ばしたアクシデントと同様、今後に大きな禍根を残しそうな出来事がまたも起きた。

おすすめのニュース

サイトトップへ