サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタ、半導体不足で6月の世界生産を10万台引き下げ 5/25~6/3は10工場で稼働停止

ここから本文です
 トヨタ自動車は24日、6月の世界生産台数が85万台程度になると発表した。世界的な半導体不足の影響により、年初に仕入れ先に伝えていた台数より10万台程度引き下げる。11日の決算発表時に示した2023年3月期の生産台数見通しである970万台は変更しない。

 6月は国内生産が約25万台、海外生産は約60万台となり、それぞれ約5万台程度、年初計画より減る見通し。トヨタは「先を見通すことが依然難しい状況」としており、6~8月の世界生産台数の平均は月85万台程度を見込む。

おすすめのニュース

サイトトップへ