サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ブルドック ゼファー750(カワサキZEPHYR750)GT-Mの手法できっちり仕立てられた750ゼファー【Heritage&Legends】

ここから本文です
機種は異なっても見極めと作業手順は同様に行う
「このカワサキ・ゼファー750は元々当店で製作した車両です。それを今風にアップデートしたんですよ。今の排気量は810ccです」とブルドック・和久井さんが言うこの車両。いつものZ系ではないものの、エンジンチューニングやパーツセレクト/セッティングは当然ながら同店コンプリートカスタム、GT-M(Genuine Tuning Machine)の手法が施されている。比較的高年式の車両ともあって、空冷Zの場合のようなフレーム補強や電装系の手直しといった作業は施さずに済んだが、そう判断できるのも、しっかりとした見極めあってのことだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン